日本のためだけにデザインされた特別限定車

写真拡大

FCAジャパン(東京都港区)は、限定車「Fiat 500 Italy(イタリー)」を2016年9月17日に発売する。

「日本イタリア国交150周年」を記念し、FCAのデザイン部門「チェントロスティーレ」が日本のためだけにデザインした特別限定モデル。

「フィアット 500 ツインエアラウンジ」をベースに、ボディカラーは3層仕上げパールペイントのアイスホワイト、インテリアはブラックを基調に専用のポルトローナ・フラウ製のレザーシートを採用した。また、シートバックにはイタリアのトリコローレカラーのロゴ、ルーフのイタリアンフラッグステッカー、特別デザインのBピラーバッジとキーカバーを特別装備とした。

さらに、ミラーカバーはクローム、ホイールはポリッシュ加工された15インチアロイホイール、センターキャップの外周をホワイト仕様に設定した。

車両価格は、通常オプションカラー(16万2000円)であるアイスホワイトをボディに設定し、レザーシートや特別装備を追加したにも関わらずベースモデル+12万5280円と利用者にメリットのある設定となった。

全国のフィアット正規ディーラーで150台限定で取り扱う。

価格は271万7280円(税込)。