グーグル、アップルの「自律走行車」プロジェクトに暗雲が立ちこめ始めている

写真拡大

グーグルとアップルの自動車プロジェクトの雲行きが怪しくなっている。グーグルではヴェテランのスタッフが次々と退職。アップルでもエンジニアの解雇などが続いている。

「グーグル、アップルの「自律走行車」プロジェクトに暗雲が立ちこめ始めている」の写真・リンク付きの記事はこちら

かつては協力体制にあったのに

グーグルは、2009年から自律走行車のプロジェクトに取り組んできたが、その時々で、Uber(日本語版記事)やフォードやゼネラルモータース(GM)、フィアット・クライスラーと提携関係を結んできた。

現在、フォードは2021年までに単独でカーシェアリングサーヴィス向けの自律走行車を量産(日本語版記事)する意向だ。Uberもボルボと提携(日本語版記事)して、自律走行車を同じくらいの期限までに開発しようとしている。グーグルにはこの7年で自律走行車を約241km走行させた経験があるが、テスラモーターズがより優位に立っている可能性もある。

9月12日、『Bloomberg』はグーグルの自動車プロジェクトが「それほど野心的ではない、比較的現実的な自律走行車サーヴィスを追求する他社に対する先駆者の優位性」を失い、不満と、焦点の欠如に苦しんでいると報じた

グーグルを離れていく古株たち

また長年勤務してきたヴェテラン社員たちが最近、グーグルを退職している。これについてはおそらく、自動車プロジェクトの最高経営責任者(CEO)として2015年9月に同社に迎え入れられたジョン・クラフチックと対立したからだといわれている。

aflo_LKGG622381

ジョン・クラフチックはグーグル以前にはフォードで14年、さらにヒュンダイで10年間勤め上げCEOまで上り詰めた人物だ。写真は2016年のNY自動車ショーにて。PHOTO: AFLO / AP

餅は餅屋?

一方、『New York Times』は9月9日、アップルの電気自動車参入計画「プロジェクト・タイタン」が暗礁に乗り上げていると報じた。同紙によると、エンジニアの解雇やプロジェクトの規模縮小などが生じているという。アップルは独自の自動車の開発はもはや検討しておらず、おそらく既存の自動車メーカーと提携する意向だという。

「Apple Car」というアイデアは、人が思うほど突飛なものではなかった。それに、クルマの製造については、Magna Steyr(オーストリア)やValmet Automotive(フィンランド)のような企業へ外注すればいい。ポルシェのような老舗自動車メーカーもこれまで行っていることだ。

アップルの「プロジェクト・タイタン」については、具体的な詳細を知ることがきわめて難しい。2015年2月には、600人以上の従業員がこのプロジェクトに取り組んでいるという報道があった(日本語版記事)。また、バッテリーメーカーのA123社は2015年2月、従業員の引き抜きをめぐってアップルを訴えている

テスラのCEO、イーロン・マスクも2015年10月、自分の得意分野に強引に押し入ろうとするアップルに怯えているかどうか尋ねられたときに、アップルを「テスラの墓場」と呼んだ。「テスラが手放した人材をアップルが雇い入れている」からだ。

別の視点をもたらす報道もある

もっとも、2016年4月には、アップルはベルリンに「自動車研究所」を設立する予定だという報道もあった(日本語版記事)。

アップルが電気自動車について既存の自動車メーカーと提携する道を選ぶとすれば、そのアプローチはグーグルによってすでに採用されているものであり、最近の報道によればグーグルは苦戦している。アップルがグーグルよりうまく対応できるかどうかに注目したい。

RELATED