写真提供:マイナビニュース

写真拡大

妊娠し出産を控えた妊婦さんにとって、「赤ちゃんとの対面が待ち遠しい」一方で、避けては通れない「お金の問題」があります。とはいえ、「お金がないから子供がうめない」なんてことになっては困りますね。そこで、妊娠・出産にかかわるお母さんたちのために、さまざまな制度が用意されています。どのような制度が用意されているのか、弁護士の篠田恵里香さんに聞いてみました。

○東京都で出産にかかる費用は約50万円

妊娠・出産と一言で言っても、さまざまな検査や健康診査、入院・出産にかかる費用など、出費が積み重なれば、家計を圧迫するおそれも出てきます。厚生労働省保険局の発表によれば、例えば東京都で出産にかかる費用は約50万円とされています。急に用意しろと言われてもなかなか難しい金額ですよね。

出産を控えて会社を辞めたり休業したりする人も少なくなく、マタニティー用の衣服購入等、さらに出費がかさむことを考えると、出産とお金の問題は切っては切りはなせない関係にあると言えるでしょう。そんな時のために、さまざまなシーンで活用できる制度があります。

○健康保険料を滞納していても一時金は支給される

例えば、妊婦さんの期間にかかる妊婦健康診査の費用については、妊婦健診の公費助成制度が用意されています。各役所によって内容や金額は異なるようですが、基本的に14回の補助が受けられます。

また、健康保険法等に基づく保険給付として、被保険者やその家族等が出産した場合の出産育児一時金制度が用意されています。金額としては、出産した一児につき、原則として42万円が支給されることになっており、双子などの多胎児を出産した時は、胎児数分だけ支給される制度になっています。

「健康保険料を滞納している場合は支給されないのでは? 」という不安の声も聞かれますが、「赤ちゃんの命に代えることはできない」ので、基本的には一時金は支給されることになっています。ただし、保険料を滞納し続けていいことにはならないので、滞納分は今後、少しずつ分納していく等の対処が必要になるでしょう。

○資金を無利子で貸し付ける制度も

また、医療機関等が加入する制度として、分娩時に重度の脳性まひとなった場合等に、赤ちゃんと家族の経済的負担を補償する制度(産科医療補償制度)や、出産費用に充てるため、出産育児一時金の支給までの間、出産育児一時金の8割相当額を限度に資金を無利子で貸し付ける制度等も用意されています。出産に当たっては、経済的な理由で必要な入院ができない妊産婦を対象に、その費用を助成する入院助成制度なども、各地域によって制度を設けています。出産費用について悩んだら役所の保健局等に相談するといいでしょう。

会社勤めの人が出産育児にかかわる場合は、産前産後休業や育児休業に基づく給付金・社会保険料免除などのサポートもあります。産前産後休業中や育児休業中の給付金については、詳しくは会社の担当者やハローワークに相談することをオススメします。

○借金が返せない……3つの手続きから選択を

借金が膨らんでしまった場合、妊娠・出産・子育てをしながら返済を続けていくのは、非常に厳しいと思われます。会社を辞めて給与からの返済ができなくなった人や、貯金を削って出産費用に充ててしまった人など、「もう今月の返済ができない」といった問題に直面することは十分に考えられます。返済できない→自己破産→この世の終わり、のようにイメージする人もいるようですが、そんなことはありません。

借金が返済できない、という場合の借金整理の方法(債務整理)には主に3つの手続きが用意されています。ひとつ目は任意整理といって、原則として将来の金利をカットし、元本だけを分割で返済していく方法です。金利カットのメリットは相当大きいため、月額の返済額が半分以下になることも少なくありません。

次に民事再生ですが、これは借金の残額を大幅に減額した上で(例えば5分の1)、減額された借金を3年〜5年の分割で返済していく手続きです。毎月の返済額がぐっと少なくなるので、借金に苦しむ生活からは一気に解放されます。民事再生では、住宅ローンを支払い続けて家を確保できる方法も用意されています。

最後に自己破産ですが、基本的に今ある借金を全てゼロにする手続きです。家や高価な財産などは処分せざるを得ないですが、今後の収入は全て生活のために使えますので、借金生活からはしっかり解放されます。

また、自己破産=選挙権がない、といった間違ったイメージを持っている人も多いようですが、全くそんなことはありません。手続きの間は特定の職業に就けない、官報(国が発行している、破産などの裁判内容が掲載される新聞のようなもの)に載る等のリスクはあるものの、子どもに悪影響があるとは基本的には考えにくいです。

いずれにせよ、どの手続きが最適な方法なのかについては、弁護士に相談するのが最善の方法と言えるでしょう。使える制度は全て使って、安心して出産できるよう準備を進めることが大切です。また、多額の借金を抱えたまま出産……というのはお金の心配はもちろんですが、なによりもお母さんの心身のストレスが心配です。借金についても各種制度が用意されていますので、不安を解消して出産に臨めるようにしましょう。

※写真はイメージで本文とは関係ありません

○筆者プロフィール:篠田恵里香

アディーレ法律事務所所属(東京弁護士会所属)。東京を拠点に活動。債務整理をはじめ、男女トラブル、交通事故問題などを得意分野として多く扱う。また、離婚等に関する豊富な知識を持つことを証明する夫婦カウンセラー(JADP認定)の資格も保有している。外資系ホテル勤務を経て、新司法試験に合格した経験から、独自に考案した勉強法をまとめた『ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた夢がかなう勉強法』(あさ出版)が発売中。『ゴゴスマ -GO GO! Smile!-』(CBC/TBS)や『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB』(文化放送)ほか、多数のメディア番組に出演中。ブログ「弁護士篠田恵里香の弁護道」

(アディーレ法律事務所編)