雨の日にバックパックを使っていると、傘を差していたのに背中のバッグはビショ濡れ、ということがあると思います。もちろん、突然の夕立は言うに及ばないでしょう。

「エクストリームスポーツ時にも使える耐久性」をコンセプトにしているバッグメーカー「Chrome」は、頑丈な作りに定評がありますが、『BARRAGE』も完全防水をうたっているバックパックです。これなら、もはや雨を気にする必要はありません。

20160911_barrage_01.jpg


完全防水の秘密は、熱圧着縫製にあります。内袋に、テントの屋根などにも使われるタープを使用していますが、これを熱圧着でつなぐので、完全防水を達成できているのです。外装はコーデュラナイロン製で、耐久性の高さも折り紙つき。

元々は自転車に乗る人のために作られていますが、もちろん日常生活にも問題なく使えます。また、内部は3つのスペースに分かれており、ノートPC用のスリーブと、濡れた物も収納できるスペースがあります。


20160911_barrage_02.jpg


圧縮成型EVA素材のバックパネルが採用されており、メッシュのショルダーストラップと合わせて、背中のムレを防いでくれます。そして、Chromeバッグの特徴となっている金属製のシートベルトバックルは、背中に掛かる重量を腰に分散させるためのチェストストラップに採用されています。


20160911_barrage_03.jpg


ユニークな見た目に貢献しているカーゴネットには、自転車のヘルメットに限らず、バッグに収まらない物を収納できます。脱いだレインコートや、通勤ジョガーならシューズを入れておくのにも使えるでしょう。

容量は22リットル。サイズは、幅29cm、高さ53cm、マチ(奥行)14cmと、通常の収納部だけで充分なキャパシティを持っている点も、見逃せません。


20160911_barrage_04.jpg


BARRAGE/Chrome

(田中宏和)