北島三郎、入院していた 自宅で転倒し持病の頸椎症性脊髄症が悪化

ざっくり言うと

  • 北島三郎が頸椎症性脊髄症の治療のため、入院していることが14日、分かった
  • 8月末に自宅で転倒し、手足などがしびれる持病の頸椎症性脊髄症が悪化
  • 大事をとって12日に入院したといい、関係者は「すごく元気」と話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング