14日、イラン・テヘランでこのほど開催されたバスケットボール男子の「2016 FIBA ASIAチャレンジ」で、中国が実力で劣るとみられていたインドに64−70で敗れたことを受け、中国のネット上では中国側の八百長を疑う声すら上がっている。資料写真。

写真拡大

2016年9月14日、鳳凰体育によると、イラン・テヘランで13日(現地時間)に開催されたバスケットボール男子の「2016 FIBA ASIAチャレンジ」で、中国が実力で劣るとみられていたインドに64−70で敗れたことを受け、中国のネット上では中国側の八百長を疑う声すら上がっている。

この大会では、中国が18点差をつけて破ったヨルダンが、インドに56点もの大差で勝ちを収めていること、ブックメーカー(賭け屋)がインドの勝利に60倍という高オッズをつけていたこと、中国選手にミスが相次いだことなどから、八百長疑惑が持ち上がっているようだ。(翻訳・編集/柳川)