心かき乱されてもいい。蜷川実花の光と影を感じる

写真拡大 (全3枚)

単調な毎日が続くときは、心に刺激がほしくなる。そんなときは、アート作品を観に行くのもひとつの手。

生で観る作品たちはアーティストのエネルギーを直に感じられるような気がするからです。

蜷川実花さんの写真に心乱される

写真家の蜷川実花さんもそんなアーティストのひとり。彼女の目がとらえた光や色は、怖いけど美しい、心をかき乱す力があります。

光の軌跡に手を伸ばす
空はおそろしいほど、
深く青く高い
光を捕まえたい
助けを求めるその刹那
私達は幸福のなかにいる
- 蜷川実花 -

これは、蜷川実花写真集『Light of』に掲載されている、蜷川さんの言葉。蜷川さんの作品を刹那的に感じてしまうのは、彼女自身がその瞬間を強く感じているからなのだな、と思わされます。

この夏の刹那をもう一度

Light of, 2015 C-print mounted on Plexiglas, frame 68.6 × 103.0 cm

©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

20160914_mninagawa_02.jpg

Light of, 2015 C-print mounted on Plexiglas, frame 97.0 × 145.6 cm

©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

展示される「Light of」と題された写真たちは、夏の花火や野外フェスの暗やみのなかできらめく光や、その場にいる人たちの黒い影が印象的。光と影とつやっぽい色彩は、その場の熱気や欲望が手にとるように伝わってくるよう。

圧倒的な光と影に心がどのくらいかき乱されるのか、試してみたくなります。何も変わらないな、と感じていた日々が少しだけ変わるかもしれません。

「Light of」は、10月21日(金)から六本木の小山登美夫ギャラリーでスタート。入場は無料です。

詳しくはこちら>>

こちらも読まれています

・この夏の思い出したくないエピソード #sponsored

・午前2時。東京タワーはまだ明るい

・お金がムダに...。途中で投げ出してしまったことある?

[Light of]

文/グリッティ編集部