築100年の蔵で静かなひと時を。アンティーク雑貨に囲まれた仙台のカフェ「CAFE&ANTIQUE TiTi」

写真拡大

仙台にある「CAFE&ANTIQUE TiTi(カフェアンドアンティーク ティティ)」は、蔵の町として知られる秋田県横手市の蔵をリノベーションしたカフェ。日本の古民具とヨーロピアンアンティークの家具を配した店内は、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる癒しの空間です。レトロなインテリア雑貨を眺めながら、くつろぎのひとときを過ごしてみませんか?

蔵の街・秋田県横手市の蔵をリノベーション

JR仙台駅東口から徒歩20分ほど。賑やかな駅周辺のエリアから少し離れた静かな通りの一角に、「CAFE&ANTIQUE TiTi」はあります。

建物は、明治から昭和初期に建てられた蔵や商家が数多く残る蔵の町・秋田県横手市増田町から移築した築100年の蔵。
もともとはオーナーのご実家にあったもので、長年使われていなかったことから、ある時、解体しようかという話が出たのだそう。“100年以上大切に使われてきた蔵をなんとか生かしたい”と、住まいのある仙台へ移築。杜の都でカフェとして生まれ変わりました。

歴史ある蔵とアンティークがつくり出す癒しの空間

重厚な梁が印象的な店内は、格子状の扉をインテリアとして飾ったり、懐かしい古民具を並べたりと、蔵の雰囲気をそのまま再現。
掛け時計が時を知らせる音や、ヴィンテージラジオから流れるゆったりとしたBGMも、ノスタルジックな雰囲気を演出します。

また、店内に配されたヨーロピアンアンティークのイスや、現在は製造されていないヴァセリンガラスのランプなどのインテリアも魅力のひとつ。クラシカルなインテリアが蔵に溶け込み、居心地の良い空間をつくり出しています。

心ときめくアンティーク雑貨を見つけましょう

建物は2階建てで、2階はアンティーク雑貨のショップを兼ねたスペースに。ティーセットなどの小物から、ミシンやスピーカーなどの大きなものまで、国内外から集めたアイテムがフロアいっぱいにディスプレイされています。
蔵に残っていた木製の冷蔵庫などレアなものもあり、「ここには何があるだろう?」と、宝物を探しているような気分に。

多彩なアイテムは、どれも愛着をもって使われたことが伝わる素敵な品ばかり。触り心地などを確かめながら、時に磨かれたお気に入りの一品を探しましょう。

モーニングタイムには、素材の味を生かしたホットサンドを

出勤前のくつろぎタイムに訪れる人も多いこちらのお店。オープンから9時までの間は、焼き立てのホットサンドが付く「モーニングセット」(600円〜)が味わえます。

ホットサンドは、モッツァレラチーズがとろりととろける「ハム&チーズ」と、やさしい甘さのスクランブルエッグが入った「たまご」の2種があり、この日は「ハム&チーズ」をオーダー。サックリと焼き上げたパンは、具材の味がひき立つよう、薄めにスライス。ひとくちほおばると、ハムのジューシーさとチーズの味わいが口のなかにふわりと広がり、後をひくおいしさです。

メニューには、「ティラミス」(500円)や「アフォガード」(600円)などのスイーツも並びます。季節限定メニューもあるので、訪れたときはチェックしてみて下さいね。

本を片手に思い思いのひとときを

店内には小説やファッション雑誌、マンガなど、さまざまなジャンルの本がディスプレイされています。
お気に入りの席と本を見つけたら、ノスタルジックな蔵の雰囲気に身をゆだねながら、ほっと一息ついてみてはいかがですか?

ことりっぷの最新記事