「いかにして意識できるかが、大事なんですよ」
 こう話すのは、元AV女優でスポーツジムのインストラクター経験もある竹下ななさんだ。

 意識をする--実はコレ、筋トレのコツである。
 「例えば、大胸筋を鍛えるトレーニングではベンチプレスが有名です。ただ、効率よく胸板を厚くするには、単に重い重量を上げるだけではダメ。重量は軽めでも大胸筋に利いていることを“意識”する必要があるんです」

 ベンチプレス経験者なら分かると思うが、重い重量を扱う時、腰を反らせて反動をつければ上がりやすい。いわば補助だ。しかし、これでは本当の意味で、大胸筋を鍛えていないのだ。
 「腕立て伏せをするにしても同じです。回数をこなそうと思えば、人間はだんだんラクな体勢や方法を見つけ出してしまう。でも、それではトレーニングにならない。腕立て伏せの時も胸に力を込めるようにしてください。すると、かなりキツくなります」

 ボディービルダーなどはあえて軽めの重量で、鍛えたい部分を意識してトレーニングを行うという。このように人間は“意識”をするだけでその部分が鍛えられるのだ。
 「これはED治療でも同じことが言えます。EDになる要因の一つが、テストステロン(男性ホルモン)の分泌量の低下です。加齢とともにテストステロンが減少して、次第に“男性らしさ”を失うんですね。だけど、これも意識の問題。日頃から“俺は今日もテストステロンを放出させている”と意識すれば、人間の身体は変わっていくと考えられるのです」

 EDに悩む男性の多くが、自信を失っているものだ。失敗したらどうしよう、俺はもうダメだ…こうした負の感情が顔を出すため、余計に勃起力が弱まる。と同時に、普段の生活態度も弱々しくなってしまう。
 「そこでお勧めしたいのが、無理にでも“男らしく”務めることです。もちろん、その中身も人それぞれですが、自分の考えるスタイルで構いません」

 あなたにとっての男らしさとは何か。女性に優しくすること、部下を引っ張っていくこと、家族を守ること…それぞれ考えはあるだろう。今一度、自分の中に潜む“男らしさ”を見直して頂きたい。
 「それが分かれば、今度は日頃から男らしさを守るようにするのです。すると、一つ一つの自分の行動を意識するようになります」

 実は、コレが非常にいい効果を生むのだ。
 「俺は男らしい…この意識が積もっていけば、次第にテストステロンの分泌量も急増していくのです。すると、いざセックスの場面でも下半身が元気になりやすく、メンタル面でもすぐに諦めなくなります」

 意識をする意味では、こんな方法もあるという。
 「これはあるAV男優さんがおっしゃっていたのですが、テストステロンは睾丸から主に分泌されます。そこで彼は、セックス中に“いま、金玉から男性ホルモンがどんどん溢れているぞ”と強く意識するそうです(笑)。まあ、一種のメンタルトレーニングなのですが、この方法ならどんな場面でもフル勃起するそうです」

 男らしさを意識して取り戻そう!

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。