デザイナーズブランドが六本木に集結 バーニーズ ニューヨークが新店舗オープン

写真拡大

 デザイナーズブランドに特化した新しい「バーニーズ ニューヨーク」が、六本木に9月16日にオープンする。近隣には三越伊勢丹の「イセタンサローネ(ISETAN SALONE)」や「リステア(RESTI)」など旬の国内外ブランドを扱うショップ、そしてミュージアムやギャラリーも多く、ショッピングとアートの街に新スポットが誕生する。 デザイナーズに特化した新しいバーニーズの画像を拡大

 バーニーズ ジャパンにとって「バーニーズ ニューヨーク六本木店」は国内6号店で、新店舗は5年ぶり。六本木7丁目に建つ複合ビル「トライセブンロッポンギ(TRI-SEVEN ROPPONGI)」に出店する。1階から2階の2フロア約1,900平方メートル(約575坪)と国内の店舗では小振りだが、床やじゅうたん、オリジナルの家具などインテリアには贅沢な素材を使用して空間を生かした作りが特徴。NYのチェルシー旗艦店と同様のストアコンセプトで、2フロアをつなぐ大理石の大階段や、ミニマルでクリーンなインテリアが演出している。 ウィメンズとメンズのウエアからアクセサリー、小物まで、取り扱いは厳選された国内外のデザイナーズブランドが中心。近隣に飲食店が多いことからギフト需要を重視し、ルームフレグランスなどインテリア雑貨の品ぞろえも強化しているという。2階のカフェスペースはコーヒーハンター川島良彰の「ミカフェート」がプロデュースし、同店オリジナルブレンドやアルコールなどをカウンターや外のテラスで楽しめる。 オープン時には東信が手がける限定店「ジャルダン デ フルール カプセル」が1階に開設されるほか、松の巨大作品が吹き抜けに展示される。店内には国内外71ブランドとコラボレーションするエクスクルーシブアイテム「XO(EXCLUSIVELY OURS)」を計167アイテムを順次販売。NYのコンテンポラリーブランドやアーティストと日本の職人技や伝統技術がコラボレーションするプロジェクト「Joint Works@barneys.us.jp」では、「ファセッタズム(FACETASM)」や「レミレリーフ(REMI RELIEF)」などが参加し特別なアイテムを販売する。■バーニーズ ニューヨーク六本木店 所在地:東京都港区六本木7丁目7番7号 営業時間:月〜木・日 11:00〜20:00      金・土 11:00〜20:30 オープン日:2016年9月16日 公式サイト