眠れない夜、Twitterの投稿を読みながら過ごす人は多いはず。「おやすみ」とツイートした後も熱中してしまい、なかなか眠りにつけない人もいるのでは…?

 現在Twitter上では、そんな「おやすみ」ツイートの分類が話題になっている。

 投稿者は「おやすみなさい」とツイートする人を4パターンに分けてイラストで解説。

 Aの「送ってすぐ本当に寝る」タイプは、起きてから返信するので健康的。Bの「俺はいつでも寝れるぜ…?」タイプは、そのままTwitterを続け、返信もすぐに返すイメージ。

Cの「Twitterの中の自分は寝ました」タイプは、その後はほかの活動を続け、自分のなかでTwitterを再開したときに返信。Dの「お前いつ寝てるの」タイプは「おやすみ」ツイート後も返信やいいね、リツイートを続け、思わず寝てほしいと周りが言いたくなると、それぞれを説明している。

 自分がどのタイプにあてはまるか盛り上がるなか、「寝落ちしてしまうから『おやすみ』ツイートができない」との声が上がっている。

 夜が長くなるこれからの季節。深夜に「おやすみ」ツイートを見かけたときは、そのユーザーどのタイプなのか予想してみるのも楽しそうだ。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら