左から生駒さん、秋本さん、ラサールさん

写真拡大

「最も発刊巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定されたマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(以下、こち亀)の連載40周年とコミックス200巻の刊行を記念した展覧会「こち亀展こちら中央区日本橋高島屋内派出所」が2016年9月14日から日本橋郄島屋(東京都中央区)で開催される。

同日会場で開催記念イベントが催され、原作者の秋本治さん、現在公演中の舞台版で主人公両津勘吉役を演じるラサール石井さん、謎の少女・サキ役を演じる生駒里奈さんが登場。秋本さんへのギネス記録認定書授与式と、同展覧会の鏡開きが行われた。

「こち亀絵巻」の実物や描き下ろし特別漫画など展示

同展覧会ではこち亀の歴史を年表式でたどるパネルや、約3万枚の中から厳選された原画、東京千代田区の神田明神に奉納された描き下ろしの「こち亀絵巻」の実物、同展覧会のために秋本さんが描き下ろした特別漫画など、150点以上の貴重なアイテムを展示する。

イベントでギネス記録の認定書を受け取った秋本さんは、

「少年ジャンプで40年描かせて頂いて、それがこのような形で見てもらえるというのは漫画家にとってもとてもうれしいこと。今後の漫画家人生にすごく元気が出ることです。ありがとうございます」

とコメント。

同作のアニメシリーズで両津勘吉の声優も務めるラサールさんは、こち亀展開催にあたり、

「40年という長い歴史ですから、会場でこれほどたくさんの原画を見ることができる機会はもうないんじゃないかと。年表といっしょに展示されているので、見た方は自分が生まれてから今に至るまでの自分の思い出にも浸れると思います。あとグッズ販売も充実しています」

と魅力をPRした。

生駒さんは現在公開中の舞台について、

「私も週刊誌で毎週こち亀を呼んでいるのですが、(舞台は)本当にこち亀を読んでいるような、現実の世界と漫画の世界がリンクしているような素敵な雰囲気です」

と伝えた。

展覧会は日本橋高島屋8階ホールで9月26日まで行われる。