ドイツ中西部の商業都市、デュッセルドルフ。日本人街があるために、ドイツ在住日本人のあいだでは知らない人はいないほど有名な街ですが、日本ではあまり知られていません。

デュッセルドルフとは、いったいどのような街なのでしょうか。その実態に迫ってみましょう。

デュッセルドルフはライン川沿いに広がる大都市で、人口はおよそ60万人。ルール工業地帯の重要な交通拠点であったことで、第2次世界大戦で集中的な攻撃を受け、半分以上の建物が破壊されたため、古い街並みはあまり残っていません。

街の目抜き通りが、街を南北に貫くケーニスアレー。その周辺に高級ブランドのブティックやデパートが軒を連ねます。

ルイ・ヴィトン、グッチ、ディオール、ハリー・ウィンストン…そのラインナップたるや、そうそうたる顔ぶれ。ブランドショッピングなら何でも揃うといっても過言ではありません。

デュッセルドルフのブティックは、ドイツでは珍しいほどスタイリッシュ。お買い物好きにはたまらない街といえるでしょう。

戦争で破壊されたとはいえ、ライン川の近くには旧市街と呼ばれる一角が残っています。旧市街、特にボルカー通り周辺は居酒屋やバーが密集することから「世界一長いバーカウンター」の異名をとっています。

ビール大国ドイツには、各地に多種多様な地ビールがありますが、デュッセルドルフの名物は琥珀色のアルトビール。旧市街のブラウハウス(醸造所兼酒場)で、本場の新鮮なアルトビールを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ドイツ料理やドイツビールのお店だけでなく、アイリッシュパブやスペインバルなど、国際色も豊か。

この一角なんて、まるでダブリンの街角のようです。旧市街に限らず、世界中のレストランが集結しているデュッセルドルフは、ドイツでも屈指のバラエティ豊かな食を楽しめる街でもあります。

旧市街中心部にある、重厚なたたずまいが印象的な建物は市庁舎。この周辺は古い教会なども並んでいて、近代的な商業都市の顔とは異なるデュッセルドルフの一面を見ることができます。

デュッセルドルフの旧市街には、重厚感ある茶色いレンガ造りの建物が目立ちます。南ドイツ在住の筆者が普段見ているカラフルな街並みとはまったく違う風景。

かつて小さな領邦国家や自由都市の集合体であったドイツは、非常に郷土色が豊かな国。ドイツを旅するときは、地域ごとに異なる街並みを比べながら楽しんでみてください。

旧市街の川べりからはライン川の眺望が楽しめます。中央に建つのはラインタワー。まさに新旧のデュッセルドルフを体感できる場所です。

およそ450社の日本企業の拠点が集まり、約5000人の日本人が暮らすデュッセルドルフは、日本人街があることでも有名。

特に「インマーマン通り」とその周辺には、日系の飲食店や、日本食材を中心に取り扱うスーパー、日系の書店や美容院など、日本人のためのサービスが勢ぞろいしています。

 

新旧ドイツ、そしてドイツの文化と外国の文化が入り混じった多様性豊かな街、デュッセルドルフ。

大聖堂で有名なケルンからも特急列車で30分弱と、ほど近いところにあります。メジャーな観光地とは一味違うドイツを体験しに、足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア