ペットのアヒルが「料理」判定?スマホの自動モードがひどすぎる

写真拡大

愛するペットのコールダックをスマホのオートで撮影しようとしたら「料理」判定されてしまった……。という出来事が注目を集めています。
それは悲しい。

【関連:北海道警察のほほえましいカモさん一家の誘導】

Twitterユーザー雪乃丞さんより。

「料理」判定されてしまったのは、Twitterユーザー雪乃丞さん家の雪乃丞ちゃん(6カ月)。ちなみに雪乃丞さん家にはハンドルネーム由来の今回の雪乃丞ちゃんと玉乃丞くん(1歳)2羽のコールダックが暮らしています。

我が子同然の可愛いペットを撮るつもりがこの判定に「スマホのカメラのオートで撮るけど、モードを料理判断はやめていただきたい」と飼い主さんもお困り顔。
スマホ画面には「料理」という文字の他、ナイフとフォークの印まで出ているので一層複雑な気持ちにさせられるようです。

コールダックは世界最小のアヒルと言われており、ペット用に改良された種類。欧米では以前からペットとして人気が高く、日本でもここ数年、人気の高まりを見せています。
人なつっこく、飼い主の声まねをすることもあるそうで、その魅力にめろめろになる人が続出。今回の飼い主さんも勿論その一人で、Twitterでは日々、2羽のようすを発信しています。最近だとうたたねする雪乃丞ちゃんの動画が注目されていました。

ついこの頃、将棋の羽生善治さんの奥様である理恵さんがアヒル情報収集用のTwitterアカウントを開設していますが、情報収集どころかいずれ飼うつもりだというコールダックの魅力を発信する役割を自然と担い、一段とその魅力が広がりつつあります。もしかしたらこの先十何年か後には、いろんな家から「グアグア」という鳴き声が聞こえてくる日がくるかもしれませんね。それまでには今回のような「料理」判定、確実に修正しておいて欲しいものです。

▼出典
雪乃丞さんTwitter(https://twitter.com/tamayuki227