山梨ジュエリー「born jewelry」が三越伊勢丹と新プロジェクト始動、限定アイテムも

写真拡大

 ジュエリーの産地である山梨県発「ボーン ジュエリー(born jewelry)」が、三越伊勢丹と新プロジェクトを始動した。9月14日にポップアップストアを伊勢丹新宿店に出店し、「技術」や「素材」「希少性」をキーワードにした限定アイテムを26日まで販売している。 山梨ジュエリー「born jewelry」×三越伊勢丹の画像を拡大

 「ボーン ジュエリー」は、山梨県のジュエリーを今後100年続く産業にするため、ディレクターに「ドラマ アッシュ・ペー・フランス(drama H.P.FRANCE)」の神谷温子を迎えて今年3月に立ち上げられたプロジェクト。ポップアップストアでは、甲州水晶貴石細工の伝統工芸士である詫間康二が原石を厳選・研磨した1点ものを販売しているほか、貴石細工の最年少伝統工芸士の大寄智彦と、「ボーン ジュエリー」によるオリジナルジュエリーの受注販売を行っている。オリジナルジュエリーでは、好きな宝石を選ぶことが可能で、会期終了後3〜4週間後に配送される。また、三越伊勢丹のオリジナルブランド「ルーガ(LUGHA)」がファッションディレクターでアクセサリーデザイナーの高橋れいみを起用し立ち上げたジュエリーラインも手掛け、ローズクオーツやアメジストなどの水晶を使用した1点もののジュエリーを販売している。■ISETAN MITSUKOSHI meets born jewelry期間:2016年9月14日〜9月26日場所:伊勢丹新宿本店本館3階 モードフロア住所:東京都新宿区新宿3丁目14番1号営業時間:10:30-20:00