大谷翔平の剛速球が抱える問題点 遠藤一彦氏がズバリ指摘

ざっくり言うと

  • 日本ハムの大谷翔平が13日のオリックス戦で、164キロの豪速球をマークした
  • 早くても打たれてしまう速球の問題点を、評論家の遠藤一彦氏が指摘している
  • ボールをリリースする時の「最後の一押し」がなく、キレが足りないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング