ボルボ、公道実証実験プロジェクト用XC90自動運転車をラインオフ

写真拡大

9月9日朝、スウェーデンのトースランダ工場で、自動運転テクノロジーを搭載したボルボXC90をラインオフした。ボルボXC90は、スウェーデンのイェーテボリの一般ユーザーに提供され、「Drive Me プロジェクト」として、公道での走行実験を行うことになる。

【ギャラリー】VOLVO Drive Me (9枚)


ボルボは現在90シリーズのモデルに、半自動運転機能(レベル2相当)である「パイロットアシスト」を搭載。テクノロジーは、緩やかなステアリング操作によって運転をアシストし、速度が時速 130 kmまでであれば、前走車がいなくとも、走行車線をキープしたまま走行することが可能。「Drive Me」用の自動車はそれに加え、ボルボが「自動運転頭脳(Autonomous Driving Brain)」と呼ぶ機能を搭載し、イェーテボリ周辺に設定した自動運転ゾーンにおいて、ハンドルを離したまま、アクセルやブレーキの操作も必要なく運転することが可能。

ボルボ・カーズのアクティブセーフティ部門でシニアテクニカルリーダーを務めるエリック・コリンは、「これは 『Drive Me』プロジェクトにとって重要な節目になります。お客様は私達エンジニアとは違った目で車を見ます。そのため、お客様が日常生活の中でこれらの車をどのように使うのか、またどんな意見が出るのかを楽しみにしています」と、ラインオフされるXC90を見守りながら語った。

ボルボは、自動運転技術の分野における戦略的提携についても積極的に取り組んみ、2016年8月には、次世代の自動運転車を共同で開発するため、米国の配車サービス大手であるウーバー(Uber)と新たな提携を開始した。また本年9月には、次世代の自動運転ソフトウェア開発を目的に、自動車安全システムサプライヤーの大手であるオートリブ(Autoliv)と合弁会社をスウェーデンに設立することを発表している。
ボルボは自動運転技術にさらに磨きをかけ、2021年頃の市販車への導入に向け、カスタマーの要望に沿った機能を、高水準で提供して行く。

■ボルボ・カー・ジャパン 公式サイト