東京・豊洲新市場の土壌汚染対策には586億円が計上された。内訳は液状化対策45億円、準備工事113億円、汚染地下水対策83億円、地下水管理13億円、汚染土壌対策271億円、問題の盛り土による埋め戻しとして61億円がつけられていた。

森圭介アナ「3分の1の盛り土がされなかったわけで、61億円の費用はどうなったのでしょうか」

予算はさらに270億円が積み増しされ858億円に増えており、その内訳はまったく記載されず不明になっている。小池知事は「いつ、どこで誰が何を決めたのか」、都幹部に変更の経緯を調べるよう指示し、当時のメンバーによる専門家会議を再開して安全性について再検証する考えという。