生理痛にも効果あり!布ナプキンのメリット4つ

写真拡大

 みなさんは生理用ナプキンに「紙ナプキン」と「布ナプキン」の2種類あるのはご存知ですよね。身近なのはどこにでも売っている「紙ナプキン」の方かもしれませんが、今回「ラブリサーチ」で『「紙ナプキン」と「布ナプキン」どっち派ですか?』とアンケートを行ったところ、実に81.7%の方が「紙ナプキン」派と答えました!

 圧倒的に「紙ナプキン」派の方が多かったわけですが、布ナプキンを使用している方々のコメントで、布ナプキンの良さに気付いていないだけかも…と思わされるものがたくさんありました! そこで今回はアンケート結果をもとに、布ナプキンのメリットを4つ厳選してご紹介します!

===============
Q.「紙ナプキン」と「布ナプキン」どっち派ですか?

・紙ナプキン(94名)
・布ナプキン(21名)

回答時期:2016.06.09〜2016.06.24
総回答数:115名
===============

◆付け心地がいい!

「一度経験したらあの心地よさが病みつきになる」
「布ナプキンはヒリヒリしないです。手入れは手が掛かりますが」
「試してみたら、気持ちよかったので。ひやっとしないし、くっついたりずれたりもしなくて楽ちんでした。石けんやセスキを溶かした水に浸けおきしとけばまとめて洗えるしね」

 布ナプキンは、紙ナプキンのあのガサガサした感じがないのが好感ポイントのようです。後のお手入れが億劫でつい簡単な紙ナプキンを使いがちですが、慣れればそれが当たり前になって面倒ではなくなるようです。布ナプキンの「下着に近いので感触がいい」というコメントを聞くだけで、すごく手に取りたくなってきませんか?

◆蒸れない

「特に夏場のムレ具合が軽減」
「蒸れがなくなって、生理期間中も快適に過ごせるようになった」
「むれなくて、肌にやさしいから」

 湿気の多い季節の生理は、憂鬱ですよね。蒸れが気になって出かけるのも億劫になりがちですが、布ナプキンは下着と同様のコットン素材なので、蒸れがないようです。紙ナプキンの時はかぶれていたのに、布ナプキンにしたら一切かぶれがなくなったという方もいるようですし、不快に感じることがなく過ごせるというのはいいですよね。

◆生理痛が軽減した!

「かぶれ防止に生理痛緩和」
「生理痛軽減。生理周期安定。経血コントロールができる」
「いずれは子どもがほしいと思っています。紙ナプキンは子宮を冷やしていると聞いたことがあったので、布ナプキンに切り替えました」

 これは、布ナプキンを使用したことがない方にとっては、目からウロコのコメントなのではないでしょうか?

 紙ナプキンは吸収部分に高分子ポリマー(合成化学物質)が使われているので、体が冷える原因になるようですが、布ナプキンは生理の時に体を温かく保つことができるのだとか。あのズシンと重たい生理痛が、布ナプキンに替えるだけで軽減できるというのは、それだけで試してみる価値があるなと感じませんか?

◆デザインがおしゃれ!

「いろいろなデザインがあって、今日はどれにしようか考えるのが楽しい」
「柄もかわいくて、使うのが楽しみになります」

 紙ナプキンの場合、「使うのが楽しみ」という感覚はまずないですよね。早く終わらないかな…。今回は軽いといいな…。そんなマイナスなことばかり考えがちです。そんな時布ナプキンはデザインが選べるので、楽しみな気持ちになれるようです。例えば気分が明るくなるような花柄や、シックな柄のものがたくさんあります。人に見せないアイテムをオシャレなものにする…それだけで気分もあがりますよね!

 また、手に取りやすいかわいらしいデザインが多いので、友人へのプレゼントにもよさそうです。女性同士だからこその、気の利いたプレゼントになるのではないでしょうか。