「アイス売りのおじいちゃんが大変!」苦境を知った住民の呼びかけに支援者が殺到

写真拡大

長年、地元でアイスクリームを売ってきたおじいさんのため、街の人々が寄付を募った結果、予想を上回る支援がもたらされ話題となっている。

89歳になってもアイスを販売

そのおじいさんとはアメリカのシカゴに住む、Fidencio Sanchezさん。

彼は23年間も通りでアイスクリームのカートを押し続け、89歳になる今もその仕事をしているという。

Sanchezさんはabc NEWSの取材に対し「私は朝早く起き、1日中、夜の8時まで売り続けています」と答えている。

しかも夏の暑い中でも寒さが厳しい冬でも、天気が悪く雨が降り続ける日でさえ、通りに立たなければならないそうだ。

娘が亡くなり、孫を育てることに

実は、Sanchezさんは2カ月前に一度リタイアしていたという。

しかし数週間前に彼の娘さんが突然亡くなり、Sanchezさんと彼の奥さんは残された2人の孫の面倒を見ることに。

そのため彼は仕事を再開した。生活費を稼ぎ、子供を養うためにも毎日アイスクリームを売らなければならないそうだ。

しかしどんなに頑張っても、1日の売上は50ドルから60ドル程度にしかならないという。

両肩にのしかかる重い責任、生活へのプレッシャーはつらいものがあったに違いない。

Facebook/Joel Cervantes Macias

Facebook/Joel Cervantes Macias

住民がクラウドファンディングを実施

その事実を知った街の住民、Joel Cervantes Maciasさんらは彼の生活を少しでも楽にさせ、心の負担を軽くさせるためにも、援助をしようと決意する。

自身のフェイスブックにSanchezさんの写真を掲載し、多くの人々に彼の現実を知らせ、9月9日にはGoFundMeでクラウドファンディングのページを立ち上げた。

するとそのサイトに多くの人びとが関心を示し、272人が励ましのコメントを寄せ、3日間で1万245人が寄付。

しかも目標は3000ドル(約30万円)だったが、9月12日時点で23万ドル(約2300万円)以上も集まることに。

gofundme

gofundme

そのことをSanchezさんは9月11日の日曜日に知らされ、12日には実際に寄付金を手渡されたという。

アイスクリームの仕事については今後、続ける可能性は少ないとしているが、新鮮な空気を吸いながら外にいるのは楽しいとも語っている。

※1日の売上について、金額が間違っていました。お詫びして訂正します。(9/14 19:00)