WIRED CONFERENCE 2016
「FUTURE DAYS:未来は『オルナタティヴ』で
なければならない」10月19日に開催

2016.09.14


世界をリードするアイデア&イノベーションメディア『WIRED(ワイアード)』が、WIRED CONFERENCE 2016「FUTURE DAYS こんな未来がやってくる」を10月19日(水)に開催する。

毎年“未来の政府”や“未来の都市”など、さまざまな未来にまつわる議題を取り上げてきたWIRED CONFERENCE。今年は“ FUTURE DAYS”をテーマに、「未来の日々=Future Days」に焦点を当てて、国内外からゲストを招き「オルタナティヴ」な未来を一緒に考えていく。

豪華ゲスト陣の顔ぶれにも毎度注目が集まるが、今回は「AI 対 人類」という世紀の囲碁決戦で解説を担当した囲碁棋士マイケル・レドモンドはじめ、ソニーコンピュータサイエンス研究所・代表取締役社長の北野宏明が登場。その他にもダミアン・ハーストの右腕で「脱中心世界の伝道師」ことジャック・デゥ・ローズや、脳神経科学を専門とする安宅和人が登壇する。「ブロックチェーンは、サラリーマンを絶滅させる?」、「AIは人類が生み出した宇宙人である?」、「400年ぶりに、世界を覆うOSが書き換えられる?」、「オルタナ不動産開発が、都市を躍動させる?」など、”FUTURE DAYS“を語りつくす1dayカンファレンスとなる予定だ。

(Text:Yuki Motomura)

日時:2016年10月19日(水) 13:00〜18:30(懇親会 18:45〜20:00)
会場:虎ノ門ヒルズフォーラム ホールB (虎ノ門ヒルズ森タワー 4F)
   東京都港区虎ノ門1丁目23番3号
受講料:一般:12,960円(税込)/ 学生割引:5,400円(税込)
  『WIRED』日本版・定期購読者優待:11,880円(税込)
URL:http://wired.jp/futuredays2016/

外部サイト