見ているだけでムズムズしそうな「花粉マスコットストラップ」が登場! 花粉症の人のデスクにそっと置いちゃダメよ

写真拡大

幸運なことに、私はまだ花粉症にかかっておりません。けれども、もし花粉症持ちなら……これを見ているだけでくしゃみが出ちゃうかも!? 

2016年9月30日(金)から発売される奇譚クラブの新作、手のひらサイエンス「花粉マスコットストラップ」(1回300円)。なんと憎っくき花粉をビッグサイズにし、 “プリプル触感” のマスコットにしちゃったんだって! 

今回は6種類の花粉がセレクトされていて、ラインナップは「ヒノキ」に「イネ」、「マツ」、「ヨモギ」に「ブタクサ」「スギ」まで……。花粉症の人だったら、この字を見ているだけでムズムズしちゃうのではないでしょうか。

【ビジュアルにゾワゾワ】

で、このマスコット。正直なところ、見た目がキモチワルイ。奇譚クラブが発表したコメントによれば、「今まで花粉症に悩まされていながらも、花粉の姿を目にしたこと&手にしたことがない! そんな想いを込めて初の立体化に挑戦」「本来の花粉は可視光線の届かない程の極小な物質ですが、今回約2000倍以上に拡大!」とのこと。

いやいや、立体化しなくていいから。2000倍サイズの花粉とか、もはや狂気の沙汰だから。けれども、キモかわいい好きさんなら、きっとグッときちゃうこと間違いなしよ。

【優しさが垣間見える一工夫も】

カプセルに同封されているミニパンフレットには、花粉の飛散状況がわかる「年間カレンダー」も収録されているそうで、そんな “優しさ” も見逃せません。

【実物の花粉はこの色じゃないらしいぞ】

ちなみに各花粉は、担当者によるイメージでカラーリングされているのだそう。というのも、顕微鏡で見る花粉は、すべてモノクロにしか映らないからなんだって。

「毒をもって毒を制す」なんて言葉もあるくらいだし、カラフルな花粉を眺めていたら花粉症なんて吹っ飛んじゃうかも♡ って、そんなことは全くないと思いますが、見ているうちにだんだん “キモチワルイ” から “キモカワイイ” に思えてくる不思議なマスコットです。気になった方は、全国のカプセル自動販売機をチェックしてみてね! 

(2016年9月15日 編集部追記)当初2016年9月21日発売とのことでしたが、生産の遅れにより9月30日に発売されるとの連絡がありました。訂正しております。

参照元:株式会社奇譚クラブ プレスリリース
参考リンク:KITAN CLUB
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る