またですか・・・

写真拡大

とにかく「観測史上初めて」がやたら多い。北海道を台風が3つも立て続けに直撃したり、東北地方に太平洋側から上陸したり、きのう13日(2016年9月)の気象衛星の画像にも台風14、15、16号が日本列島をうかがっていて、16号は3連休に接近しそうだという。

司会の羽鳥慎一「2週間を置いてまたトリプル台風。なんでこんなに多いのですか」

気象予報士のふたむらちづこは「トリプルは、実はそんなに珍しいことではなく、去年もありました。今年は影響(被害)が大きいので注目されている」と説明する。

「観測史上初めて」続きの発生海域や進路

羽鳥「発生場所も違うようですね」

8月の台風は沖縄や日本近海での発生が多かったのだが、14号と16号はフィリピンの東方で、海水温が30度以上という海域だ。

ふたむら「例年より1度以上高いんですね。27度以上で勢力を維持、30度を超えると急に発達します」

台風14号は中心気圧890ヘクトパスカルと超弩級だ。上陸する中国は大変なことになる。台風が年々強くなっているという研究結果も発表された。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、日本の気象庁や米軍のデータなどを解析し、1977年以降の台風のピーク時の風速の強さが次第に強くなっていると公表した。海面温度の上昇で台風に供給されるエネルギーが大きくなったためだとしている。研究チームは、地球温暖化で今後も海水温は上昇するので、日本、韓国、台湾、中国を直撃する台風の激しさは増すだろうと予測している。

地球温暖化で強大化

羽鳥「少し前までは地球温暖化のせいかもしれないというレベルだったのが、地球温暖化の影響です、となってきているんですね」

浜田敬子(「アエラ」前編集長)「今年は通勤時間帯にぶつかることが多くて、時間を調整したりで大変です。外へ出ないですむように考えないといけない」

羽鳥「生活スタイルを変える必要ですね。史上初が多すぎる」

玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「史上初ということは、それだけ数が増えているということで、温暖化の影響でしょうね」