「映画『聲の形』スタンプラリー in 大垣市」

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

岐阜県大垣市で9月2日〜10月2日、アニメ聖地検索サイト「聖地巡礼マップ」のスマートフォン向けアプリにおいてiBeaconを活用した「映画『聲の形』スタンプラリー in 大垣市」が開催されている。

「週刊少年マガジン」に連載され累計発行部数300万部を超えるヒットとなった同作。聴覚の障害を持つ少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の2人の触れ合いを中心に展開し、人間の持つ孤独や絶望、純愛などを描いた内容で、9月17日には京都アニメーション制作による劇場アニメとして全国ロードショーされる。

舞台となる地名は架空のものだが、作中に描かれる風景は主に作者の出身地である岐阜県大垣市がモデル。スタンプラリーでは、作品内に登場したシーンのモデルとなったスポットが全7箇所登録されている。

全スポットへチェックインした後、対象期間中にTwitter経由でキャンペーンに応募すると、抽選で300人に映画「聲の形」×大垣市の「オリジナルノベルティ(非売品)」を進呈する。

▼リンク

聖地巡礼マップ

https://seichimap.jp/

映画「聲の形」公式サイト

http://koenokatachi-movie.com/