次期朝ドラ主人公のモデル「ファミリアの軌跡展」が東京銀座・神戸元町で開催

写真拡大

ベビー子ども服メーカーのファミリアは、創業者のひとりである坂野惇子(ばんの あつこ)氏がヒロインモデルとなる、朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』が2016年10月3日(月)から放映をされることを記念して、9月21日(水)より銀座本店と神戸元町本店の2店舗で、ファミリア創業から現代を振り返る「ファミリアの軌跡展」を開催する。

ファミリアは戦後間もない1950年の神戸において、坂野氏をはじめとした4人の女性たちが、「子どものためにより良いものを」という理念をもって創業。現在も「愛情品質」をコンセプトに、上質な素材を用いて“丁寧なものづくり”をするという姿勢で商品を作り続けている。

本展では、ファミリアのこだわりの生産技術の紹介や創業当時の貴重な手刺繍の製品、ドレス・ワンピースなどが展示され、世代を超えて愛され続けてきたファミリアのものづくりを知ることができる。

さらに会場内では、1957年にピアノのお稽古バッグとして誕生し、今日まで長く愛され続けているデニムバッグをモチーフにした、神戸柄ストラップ(写真)が会場限定で販売されるという。

ファミリア創業から現代を振り返る「ファミリアの軌跡展」開催
http://www.familiar.co.jp/news/f_kiseki.html

【関連アーカイブ】
2016年10月スタートのNHK朝ドラのヒロインは子供服メーカー「ファミリア」創業者がモデル
http://mamapicks.jp/archives/52193412.html