【今さら聞けない】MT車を滑らかに操作するコツとは?

写真拡大 (全11枚)

まずはドライビングポジションを見直す

今や、新車販売の2%未満に過ぎないMT(マニュアルトランスミッション)車。そんな少数の、こだわりユーザーが選ぶMT車だからこそ、なめらかな操作はマスターしておきたいところ。MT車のシフトチェンジを上手に決めるコツは、ずばり、クラッチをきちんと切ることと、力まないこと。簡単なようだが、この基本が一番大切。

じつは、そのどちらもドライビングポジションが大きなカギを握っている。まず、ドラポジが遠いと、クラッチをきちんと切ることはできない。シートに奥深く腰かけて、できるだけ、お尻の上部=仙骨付近とシートの間に隙間ができないように座る。そのうえで、クラッチを床まで踏んだときに、膝が伸びきらず、少し曲がって余裕がある程度まで座面を前進させておく。

シートバックはなるべく立てて、首がまっすぐ立つようにし、ステアリングの上端を握ったときに肩がシートから離れず、肘が伸びきらない位置がベスト。

シートに身を預け、上半身全体をシートにホールドしてもらうことで、腕や肩、上半身の余分な力をできるだけ抜いてリラックスするのが一番のコツ。

ちなみに座り方が浅くて遠目のポジションで座っている人は、運転中腰が疲れやすく、腰痛の原因にもなるので、もう一度ポジションを見直してみよう。

そして、シフトレバーもワシ掴みせず、できるだけソフトに包み込む。

余談だが、日本のレーシングレジェンド長谷見昌弘氏は、まだF1マシンがHパターンシフトだった頃、モナコGPに出場した某ドライバーが、「78周の決勝レースで、4000回以上シフトチェンジし、掌にマメができた」とコメントしているのを見て、「力んでシフトをしている証拠。プロドライバーとして恥ずかしい」と嘆いていた……。

ニュートラルをキープするスプリングの力を使う

さて、力を抜いてシフトチェンジすると、シフトレバーがニュートラルの位置にきたとき、スプリングの力で自然に3速と4速の間に戻ってくれる。この力をうまく利用するのが大きなポイント。

2速から3速へシフトアップするときは、最小限の力で2速からニュートラルに戻し、あとはスプリングの力で、3速の真下にもっていってもらい、それからスッとやさしく3速側へ押し上げればOK。シフトゲートに逆らって、2速から3速へ斜め一直線に押し上げるようなやり方はNGだ。

あとはタイミング。いちいちタコメーターを見ながら最適のシフトポイントを、なんてことはできないので感覚で覚える。エンジンの種類やトルク特性に関わらず、加速しながら「あっ、エンジンが気持ちよく伸びてきたな〜」と感じたら、次のギヤにシフトアップ。高速道路の合流や追い抜きなどを別にすれば、通常のドライビングなら、最大トルクのちょっと手前ぐらいでシフトアップし、次のギヤに入れてクラッチをつないだとき、回転数がちょうど1000回転ぐらいドロップすると、スムースな加速がつながるはず。

もちろんある種のリズムも重要なので、シフト操作の上手な人に一度自分のクルマに乗ってもらい、助手席でそのリズムを覚えてしまうのも上達の秘訣だ。

ひと昔前の一流のハイヤーの運転手は、AT車はシフトショックが気になるといって、わざわざMT車でシフトショックをゼロにするのを誇りにしていたそうだ。スポーツドライビングでも、本当に運転が上手な人は、驚くほどシフト操作が滑らかで、じつにスムースに加速Gをつなげていく。

日々、クルマとの対話を楽しみながら、シフトチェンジの達人を目指して、精進してみよう。

(文:藤田竜太)