写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビデオリサーチは9月13日、「Senior+/ex(シニアプラスエクス)」の最新データとSNSについてのアンケートから敬老の日にちなみ、「シニアとデジタルモバイル」について分析した結果を発表した。この結果はシニア研究プロジェクト「ひと研究所VRエイジング・ラボ」が主体となって実施しているもの。

ここ数年急速に普及している“スマホ”。シニア層における浸透はどのくらいかを調べたところ、60〜64歳は2人に1人がスマホユーザーであることが判明。また65〜69歳でも3人に1人、70〜74歳も4人に1人が所有していた(2016年4から6月の調査時点)。昨年からの伸び率を見ると60代を中心にシニア層が伸びている。すでに普及が進み伸びへの期待が出来ない若い世代に比べ、シニアはまだまだ普及の余地を残しているといえそうだ。

また、同じくコミュニケーションツールとして普及してきているLINE。LINEを利用している60〜64歳は3割を占める。65〜69歳は2割弱、70〜74歳は1割弱で、前年と比べるとスマホ所有と同様に60代前半の利用率が顕著になっている結果に。

さらに、LINEをどのように使っているのかを別途アンケートをしたところ、「娘に対して夕食や帰りの時間の確認」「家族内での食事会、イベントなどの相互連絡と孫たちの情報と写真交換」など多くは家族との日常的な連絡手段として使われていた。中には「夫とテレビの話題」と言う人も。その一方、友達同士でも使う人も増えているとみられ、「趣味の仲間との次回の約束」「ゲームで意見交換」「レストランやショップ、商品の情報交換」「飲み会の打ち合わせ」といった会合のスケジュールや場所のやり取りなど、さまざまな情報交換がされており、利用目的は若者と大きく変わらない。

このことから、同社では、スマホはシニアの新しいコミュニケーションツールとして、今後ますます浸透していくかもしれないと分析している。