開始年齢は平均で33歳「不妊治療」で妊娠した確率や費用…赤裸々な実態を公開

写真拡大

「子どもを授かりたいのに、なかなか思うように恵まれない……」という夫婦にとって“不妊治療”は心強いですよね。

日本産科婦人科学会が発表する医療機関からの報告データによると、体外受精の治療件数は年々高まりを見せており、2013年は治療件数が36万8,764件、その結果、4万2,554人の出生が発表されているのだそうです。

筆者の周りでも不妊治療をしているカップルは少なくありませんし、今の時代は不妊治療中であることを隠さずに打ち明けている夫婦も多いですよね。

今回は、婦人科ネットワークを持ち、女性のための健康生活ガイドを運営する『ジネコ』が、813名の不妊治療経験者に実施したリサーチ結果をもとに、不妊治療で妊娠に成功した人の割合と実態をご紹介します。

 

■不妊治療の開始年齢は平均で33歳

“不妊治療”を考えているけれど、いったい何歳ぐらいから始めるべきなのか……と、ためらっているご家庭もあるかもしれません。

同調査によれば、不妊治療を開始した年齢は平均で33.1歳となっており、4年前の調査よりも1歳若くなっているのだそう。

「自力でがんばるよりも専門家に相談しながら進めたい」という風潮が高まっているのかもしれません。

では、実際に治療をした女性のうち、どのくらいの人が妊娠・出産に至っているのか、気になりますよね?

 

■「妊娠・出産」したのは3人に1人以下…

同調査によれば、不妊治療経験者の27%が「妊娠・出産した」という回答を得ました。つまり、治療の結果、願いが叶った人は”少なくない“とはいえ、”3人に1人以下“という厳しい現実も垣間見えます。

また、体外受精経験者だけに絞ると32.5%が妊娠し、割合がやや高くなっているのも特徴です。ただし、体外受精で妊娠した女性の約6割が3回までの治療で妊娠している一方で、10回以上治療を行っている人も1割弱いるという現実も……。

では、妊娠するまでにどのくらいの費用をかけている家庭が多いのでしょうか。

 

■100万円以上をかけている夫婦も少なくない

「これまでにかかった不妊治療の費用」を見てみると、もっとも多かったのは「50〜100万円」で15%。次いで「100〜150万円」が13%、「150〜200万円」が11%と続きます。

100万円未満で済んだカップルが一番多いとはいえ、100万円以上の治療費をかけている夫婦も少なくないようですね。

ちなみに、「500万円以上」という人も6%存在していました。

 

■治療開始時期は35歳が最多、44歳でガクッと減少

「不妊治療をしようかな」と思っているのであれば、なるべく早く専門医に相談したほうが希望が叶う可能性が高まりそうです。

同調査の“治療を始めた年齢”を見てみると、35歳がもっとも多く、年齢が上がるにつれて減少傾向に。44歳になると1%以下になっています。

病院は敷居が高い感じがして、「どうしようかな。もう少し自力でがんばろうかな」と悩んでいる女性もいると思いますが、「あの時行っていれば……」と後悔することのないよう、冷静にジャッジしたいですね。

 

いかがですか?

頭をよぎる”不妊治療“という言葉に敏感になっているならば、早めに病院に行ったほうが安心できるかもしれません。気になるようならば、一歳でも若いうちに治療を始めるのも将来に向けた選択肢のひとつです。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ いったいどのくらいかかるの?女性なら知っておきたい「不妊治療」のコスト

※ 家事・育児に追われて「時間のないママへ」ストレスを解消する簡単な方法4つ

※ エッ…排卵日当日より妊娠確率が高いのは「この日」と判明

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ 知らなきゃ損!今より「睡眠の質」を高めるための4つのポイント

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

 

【姉妹サイト】

※ 妊娠率の倍増も…!「妊活女性の心のケア」男性にも知って欲しいコト

 

【参考】

※ 不妊治療の実態調査 - ジネコ

 

【画像】

※ Alexander Raths / Shutterstock