5発快勝で白星発進のアンチェロッティ「良い形でCLのスタートを切れた」

写真拡大

▽バイエルンは13日、チャンピオンズリーグのグループD第1節でロストフ(ロシア)をホームに迎え、5-0で勝利した。バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が試合を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトが伝えた。

▽アンチェロッティ監督の下、2012-13シーズン以来のビッグイヤー獲得を目指すバイエルンは、28分に得たPKからロベルト・レヴァンドフスキのゴールで先制すると、その後も得点を重ねて5-0で完勝。白星スタートを切った。試合後のインタビューに応じたアンチェロッティ監督は、以下のようにコメントを残している。

「我々は、良い形でチャンピオンズリーグのスタートを切ることができた。序盤はあまりチャンスがなく、ゴールを奪うのが難しかった。しかし、我々は目的に達した。今のチームはフィジカル的にも、精神的にも良い状態にあるよ」