仰向けでお腹を出して寝ているときの犬の気持ち

屋内飼いの犬の場合、かなりの頻度で仰向けの姿を見ることができると思います。
ご存知の方も多いと思いますが、わんちゃんのお腹や首といった箇所は急所にあたります。
つまり、犬が自分の弱点を露わにすることは自然界ではほとんどないことだと言えます。

飼い犬が見せる仰向けになる時の気持ちは、大きく分けて次のようだと言われています。

特別な意味はない

意外かもしれませんが、なんのメッセージ性もないケースがあります。
飼い主としては拍子抜けしてしまいますが「ただ単に仰向けの姿勢になっているだけ」という場合があります。

クセ体勢が楽暑い(体を冷たい箇所に触れさせている)気持ちの良いところ(感触のところ)にもたれかかっている背中が痒い寝相が悪くてそうなってしまった

人でも好んで取った姿勢ではなく偶然そんな姿勢だった、そんなことがありますよね。
犬もそういうことがあるようです。

リラックス

よく言われるのが仰向けで「リラックスしている」ということです。
飼い主であれば、こうであって欲しいと望みますよね。

敵に襲われる心配がない守らなければならないものがいない警戒する気がない

元々、犬は狩猟に利用されたり、家畜を野生動物から守ったり、猛獣と戦うといった目的で改良されてきました。
また、現在でも警察や警備、戦闘などに使役される犬は非常に強い警戒心を持ち、飼い主やハンドラー以外に気を許さない強固な意志と忠誠心を持ち合わせています。

こうした犬の場合、緊張を解くことは非常に少なく、なかなか仰向けになってお腹を見せるということがありません。
仰向けでお腹を見せるという行為は、家の中(自分の縄張りの中)で、気持ちを許した相手(家族)に大切に守られている証拠と言えるのかもしれませんね。

相手に主導権を許している

仰向けでお腹を相手に見せるというのは「何をされても構わない」「全て受け入れて従います」そんなメッセージが込められている場合があります。

相手が怖い(攻撃しないで、と訴えている)降伏のメッセージ(相手の方が優位にいることを理解し、相手にも示している)信頼できる相手で何をされても嬉しい撫でたり、可愛がられたい(優位にいる立場の者に対し、自分が嬉しくなる行動を期待している)

仰向けでお腹を相手に見せる行為には、このような意味が込められていると言われています。
犬にとってプラスの気持ちの場面もあれば、マイナスの気持ちの場面がありますね。
いわゆる「リラックス」とは異なった意味合いがあると考えられます。

色々な気持ちが混在している

例えば、暑くて眠いからダラリとソファーの上でくつろいでいた所に飼い主が来たとします。
そうすると犬の気持ちは
「特別な意味はない」→「相手に主導権を許す」
に変わります。

また、来客があった時、訪問者に対して仰向けでお腹を出して見せた場合は
「相手に主導権を許す」→「リラックス」
に変わると考えられます。
犬も状況をよく観察して把握しながら、色々なことを感じていると考えられますね。

犬の社会的?腹見せ行動とは

犬の社会性を示す行為

前述した気持ちと重なるところもありますが、仰向けになってお腹を見せるのは犬の社会的な行動とも言われています。

犬はコミュニケーションを大切にする動物です。仰向けでお腹を見せるという行為は相手に自分の意志を伝えるための手段のひとつであって、その態度を取ることが犬同士のルールである、といわれています。
犬社会のルールをいくつか挙げてみましょう。

初対面の場合、長い時間相手を直視しない相手の縄張りを侵さない臭いの交換で挨拶をする喧嘩を避ける時はお腹を見せる

犬社会には他にもいろいろなルールがあり、子犬の頃から母犬や兄弟犬達と遊ぶ中で学んでいきます。
しかし母犬から離されるのが早かったり、十分な時間を兄弟犬達と過ごせなかったりすると、この社会性が身に付かない場合があります。

愛玩犬の中には「犬同士のルールを知らない犬」が居るのも事実です。
人の社会の中では上手く生きていけるけれど、ドッグランなどで犬同士のコミュニケーションは苦手。そんな犬が実は増えています。

愛犬が、犬を相手に「仰向けでお腹を見せる」という意味や必要性を学んでいないと、犬同士の無用な喧嘩を引き起こしてしまい、思わぬトラブルに見舞われることがあります。

遊びやおねだり

特定のオモチャを見せたり、ごはんやおやつの時に仰向けでお腹を見せることがある場合は、「遊ぼう」というサインであったり、「ちょうだい」というおねだりと考えられます。

以前、「仰向けになったことで、自分にとって嬉しいことがあった(遊んでもらえたり、おやつがもらえた)」と学習していて、また同じようなことを期待して仰向けになっている可能性があります。

犬は学習能力が高く、特に自分にとってプラスとなったことをよく覚えています。
こうした習性を利用して芸を覚えさせることができますよね。
特定の場面で仰向けでお腹を見せる場合は、学習機能からくる行動と考えられます。

まとめ

具体例を交えながら考えられる意味を列挙してみましたがいかがでしょうか。
ただ、複数の意味が混在していたり、必ずしも区別できない場合もあるので確実とは言えませんが、おおよそこのように考えられると思います。
犬の行動をよく見て込められたメッセージを理解し、より良い強い絆を作っていけると素敵ですね。