次の学習指導要領でも注目!アクティブ・ラーニングってどんなもの?

写真拡大

教育界において、話題になっている「アクティブ・ラーニング」について、知っていますか?日本の教育界は、今グローバル化が進められています。グローバル化を進めるうえで、とても大事なキーワードとなってくるのが、「アクティブ・ラーニング」と呼ばれるものです。新たな学習指導要領でも積極的に取り入れられるアクティブ・ラーニングについてご紹介します。

■ アクティブ・ラーニングとは?

アクティブ・ラーニングという言葉は、元は大学の授業でよく使われていました。大学教育では、今は使わない大学はないぐらいメジャーなものです。2012年に文部科学省中央教育審議会の答申で話題になります。答申の中で、「質的転換」という言葉があるのですが、学生が受け身ではなく主体的になって授業を受けられるように…という方向性を指しています。発見学習や問題解決学習、グループディスカッション、ディベートなどなど…主体的に学ぶために大学にはさまざまな学び方がありますよね。

大学は単位取得の原則として、1時間の授業に対して、その場合以上の時間を予習・復習に使うこととなっているのですが、実際にはそれほど時間をかけて予習と復習をやっている学生は少ないです。ただ授業を受けて単位を取るだけ、という学び方をしている学生が多いのが現状でした。それを改善するべく、学生が積極的に予習や復習をする時間を増やすように、とさまざまな学び方を取り入れ、自主性を高めることを目的としているのです。

■ アクティブ・ラーニングは各学校へ

大学で生まれたアクティブ・ラーニングも、小学校・中学校・高校へと波がやってきました。新しいい学習指導要領は、「学校で何を学ぶのか」ということについて記述されたものです。その記述に従い教科書は作られ、生徒が学ぶことになっています。アクティブ・ラーニングという言葉を使うことによって、学習指導要領には何を学ぶのかだけではなく、「どう学ぶのか」という方法が記述され、それをもとに学習法が見直されます。これからの学校の在り方に、大きく影響する出来事といえますね。

■ アクティブ・ラーニングで身につくもの

アクティブ・ラーニングによって身につくものは、知識を詰め込む力だけでなく、新たなものを発見する力です。そして発見して問題があれば、それを解決するという力もアクティブ・ラーニングによって手に入れることができるでしょう。受動的な学びから、能動的な学びへ…それによって子どもたちが持つ自主性を高め、そして新たな世界が作られていくのです。

■ 時代に合った学習法へ

日本型の知識を詰め込むタイプの学習法から、自ら考え自ら学んでいくアクティブ・ラーニングへ。生活や科学技術が時代とともにどんどん変わっていくのにともなって、勉強の仕方も時代とともに変化していきます。パソコンやスマートフォンで検索すればたいていのことをわかってしまう現代、子どもに必要な能力を身に付けるための方法がアクティブ・ラーニングということなのです。

(image by amanaimages)
(著&編集:nanapi編集部)