ゼロカロリーでも要注意!ダイエットコーラを控えめにした方がいい理由

写真拡大

カロリーゼロで売りのダイエットコーラですが、あのシュワシュワ感ときつい炭酸が喉に嬉しい、という人も、カロリーを気にせず飲めるドリンクです。
しかしダイエットコーラに使われている甘味料が実は太る原因になっているようです。カロリーゼロなのに一体何故?

ダイエットコーラの人工甘味料とは?

ダイエットコーラに含まれる人工甘味料とは一体どんなものがあるのでしょうか?

まず天然甘味料として天然に存在する植物、食品からできたもので、サトウキビなどからできたもの、メープルシロップなどをとりだし精製、濃縮した甘味料です。

合成甘味料とは人工的に作られた甘味料でアスパルテーム、スクラロースなどが一般的です。

このような成分は何故太ると言われているのでしょう?

インスリンが分泌されるから

まず太るホルモンと呼ばれて毛嫌いされているインスリンを多量分泌するようになります。人工甘味料にもインスリンは左右すると言われていますから、血糖値が急激に上がり、インスリンが大量分泌されます。脂肪をためこみやすい体になってしまうケースもありますから、イコール太る、ということになります。

中毒性がある怖い物質

また人工甘味料を使ったものは何かしら甘いものであることは確かです。そのため中毒、甘いもの中毒というものをもたらします。脳の一部に甘いものが欲しいという欲求がすぐに溜まってしまい、ダイエットコーラ以外の甘味を食べてしまうことになります。

また空腹感も増しますから、食欲増進させてしまうこともあり、カロリーゼロとは言いつつも、その他複合的な面を顧みるとあまりよくない依存性のあるダイエットコーラはリスキーであると言えるのです。