未来は「オープン」と「デザイン」を求めている:ジョン・マエダ、WordPressへの転身

写真拡大

デザイン界を先導してきたジョン・マエダが、「WordPress.com」を手がけるAutomatticに加わった。彼の転職から見えてくるデザイン界の次のトレンドと、デザインの未来を導くために必要なメンタリティ。

「未来は「オープン」と「デザイン」を求めている:ジョン・マエダ、WordPressへの転身」の写真・リンク付きの記事はこちら

ジョン・マエダはデザイン界の先導者だ。マサチューセッツ工科大学(MIT)、美術大学のロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(RISD)、そしてヴェンチャーキャピタル(VC)であるクライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ(KPCB)に勤めてきたそのキャリアは、デザインの方向性を見通す知性と、そこに真っ先に到達する天賦の才能を彼が備えていることを証明している。

マエダは20年前、MITメディアラボでそのキャリアをスタートさせ、アートとエンジニアの橋渡しに務めた。RISDの学長に任命されたのは、iPhoneが登場してアプリの拡大を加速させ、デジタルデザインが不可欠なスキルになった2007年のことだった。そしてその6年後、彼はKPCBに加わった。アップルやAirbnbのような企業によって、「デザインが主導する企業」のポテンシャルにシリコンヴァレーが気づき始めたころだ。

そのマエダが再び動き出した。今度の行き先は「WordPress.com」のAutomattic。肩書きは「コンピューテーショナルデザインおよびインクルージョン担当グローバルヘッド」。それは彼が自らつくったポジションであり、実質的にはAutomattic社がつくるものすべてのユーザーインターフェイスの向上を担当する(戦略アドヴァイザーとしてKPCBにも引き続きかかわる)。

細部と大局のデザイン

この転職は、マエダのこれまでの転職がすべてそうであったように、デザインのこれからを示唆している。今回は、「オープンソースでユーザーによってつくられるサイト」の重要性がこれからますます高まるだろう、ということだ。

「Automatticにおけるわたしの役割は、デザイン、ビジネスにおけるインサイト、制約や制限、チャンスをつなぎ合わせて、よりデザイン志向の会社にするための方法をいろいろな人に示すことです」とマエダは語る。彼はまた、ゲストライターの記事を紹介するAutomatticの論説サイト「Design.blog」を立ち上げる予定だ。

Automatticでは、新しく会社に入った全員が3週間、顧客サーヴィス窓口を担当することになっている。マエダもこれに参加した。WordPressユーザーが、例えばメニューの移動で困ったような場合に、マエダがその質問を受け取り、やり方を返信したわけだ。

こうした同社の取り組みは、全体的なユーザー体験に少しずつ精通していくためのアプローチといえる。これは、VC時代の仕事とは方向性がかなり違う。KPCBにマエダを連れてきたマイケル・アボットは、「われわれがマエダに求めなかったことのひとつに、会社の個々のデザインの問題に対して彼がいちいち出向いて修正することがある」と言う。マエダの役割は、もっと全体的な戦略にかかわるものだった。「彼はわれわれの会社で、自分の役割をデザインにとどまらない、デザイン思考に関するものへと高めた」

2012年のTEDトークで、ジョン・マエダはアート、テクノロジー、デザイン、リーダーシップの役割を語っている。

しかし、細部を吟味して大局を捉えるのは、マエダにとって自然なことであるはずだ。彼は2015年3月の「サウス・バイ・サウスウエスト」(SXSW)で、メアリー・ミーカーによる年1回の有名レポート「Internet Trends」をモデルにした独自のプレゼン「Design In Tech Report」(日本語版記事)を行った(2016年のレポートはこちら(日本語版記事))。

こうしたマエダのレポートには、どこがどこを買収したか、そしてその会社がどのような規模になったかなど、テクノロジー界におけるデザインの現状に関するあらゆる種類のデータが詰まっている。

オープンソースのメンタリティ

デザインとビジネスに対するマエダの学際的なアプローチは、Automatticにとっても有用であることが証明されるだろう。

「ジョンの何が特別なのかというと、Automatticの中核をなす基盤のいくつかの支柱とデザインとを、彼が橋渡しする点にあります」とAutomatticの創業者兼CEOのマット・マレンウェッグは言う。「そのいくつかの支柱とは、われわれの製品に力を与えるテクノロジー、われわれが仕事を行うことを可能にするビジネス、そしてサポートを通じたユーザーコミュニティーとの対話のことです」

Automatticは、シリコンヴァレーがもつ「われわれにはできる」という楽観的な精神を体現する企業であり、同社の信条は「わたしは学ぶことを決してやめない」だ。その積極性は、会話とソーシャルメディアの両方に見られるマエダの振る舞いと調和する(例えばマエダはTwitterに、「母親からいつも言われて、自分に影響を与えたシンプルな4ワードは、『あなたを信頼している』(“I believe in you.”)だ」と投稿している)。

Four simple words from my Mom that always made a difference: “I believe in you.” https://t.co/MoVYz2Hy5w

- John Maeda (@johnmaeda) August 6, 2016

Automatticは透明性を重んじ、オープンソースのソフトウェアを採用しているが、マエダはこの2つを心から信奉している。「それらは、インターネットが使われ始めたばかりのころを思い起こさせます。インターネットが、研究の世界の外にいる人々によって使われ始めたころです」とマエダは語る。「助け合い、シェアするといった、ヒッピーの感覚のようなもの。そうした『オープンソースのメンタリティ』がありました」

それは、いまやこの世界のたくさんのソフトウェアを動かしているメンタリティである。そしてこのメンタリティによって、ジョン・マエダはデザインを新たな分野に導いているのだ。

RELATED