どのがんが辛いのか?

写真拡大

 1年間で病死で亡くなった人の死因の53.4%(厚労省『人口動態統計月報年計の概況』、2014年)を「がん」「心疾患」「脳卒中」の三大疾病が占めている。では「三大疾病にかかるとどのような最期を迎えるのか。「がんは痛い」「脳卒中は苦しい」などといった恐怖のイメージばかりが先行しているが、三大疾病の中にも「幸せな死に方」や「不幸な死に方」があることは知られていない。

 死者数が最も多い肺がんの特徴は「痛みよりも苦しみ」と米山医院院長の米山公啓・医師が語る。

「肺の中だけの炎症で済めば痛みはさほどありません。それよりも、炎症が肺の表面を覆う胸膜にまで達すると、肺の内側に水が溜まる『肺水腫』を引き起こします。そうなると、吸い込める空気の量が減るので慢性的な酸欠状態になり、ずっと溺れているような苦しみを味わうことになります」

 肺がんは再発しやすいことでも知られている。祖父を85歳で亡くした橘晃さんが語る。

「ヘビースモーカーだった祖父にがん検診を受けさせたところ、肺がんが発覚しました。肺水腫の息苦しさにも悩まされていたので、手術してがんを取り除いた後は『やっと普通の生活ができる』と喜んでいたんです。

 しかし退院の翌年に再発が発覚。肺水腫もぶりかえし、地獄の日々が戻ってきました。あまりの苦しさに絶望した祖父は、それまで希望していた延命治療を拒否。ある朝眠るように亡くなった祖父を見ると、不謹慎かもしれないですが『祖父はやっと救われたんだ』と思ってしまいました」

 死亡者数・死亡率ともにがん第2位の胃がんはどうか。4年前に75歳の夫を胃がんで亡くした坂田敦子さんの話。

「食欲減退と嘔吐が酷かったので病院につれていくと、既に末期の胃がんでした。医師から『転移もあり、手の施しようがない』といわれ手術はしなかったのですが……ろくに物が食べられないから痩せていくのに、腹水が溜まって膨らんでいるお腹がとても痛々しくて見ていられなかった。最後は鎮痛剤で意識朦朧のまま亡くなりました」

 末期の胃がんの場合、胃に孔が空くと激痛に襲われるほか、血便、吐血などによる心理的負担も大きい。

 肝臓がんは他のがんと比べると穏やかに最期を迎えることが多い。肝臓は大腸などと同様に痛覚が少ないのに加え、再生能力が高いので機能が低下しにくい。そのため、末期になるまで自覚症状が現われにくい“沈黙の臓器”と呼ばれる。つい最近まで元気だと思ったら、ある日突然末期の肝臓がんが発覚。そこからは短期間で肝機能が低下し意識を失い、穏やかに亡くなるといったケースが少なくない。

 5年生存率は10〜40%とされる腎臓がんも、肝臓がん同様に痛みが少ないがんといわれている。

※週刊ポスト2016年9月16・23日号