マット席のくつろぎランチから、緑豊かな公園カフェまで♪ 子どもと行きたい、代官山さんぽ(2)

写真拡大

ベビーグッズのお店や子連れでも入りやすい飲食店が多い街・代官山。
今回は、旧山手通り沿いをのんびりおさんぽしてみましょう。
マットレス席が人気のママカフェや輸入食材のお店、ベビー洋品店など、親子に嬉しいスポットがいっぱいです。

子どもと一緒にくつろぎランチ「cha-noma代官山」

東急東横線・代官山駅から徒歩2分。旧山手通り沿いにある「cha-noma代官山(チャノマダイカンヤマ)」は、小上がりのマットレス席が人気のママカフェです。
2階ですがエレベーターがあるのでベビーカーでも大丈夫。
靴を脱いで清潔なマットレスの上にごろんと転がることができるので、まだハイハイ前の赤ちゃんでも気軽に連れてくることができます。
授乳室やおむつ交換台も完備されていて、ランチタイムはほぼ毎日赤ちゃんを連れたママたちでいっぱいに。ママ同士の交流の場としても、何度も通いたくなるお店です。

こちらは「ほうれん草を練りこんラザニア」(1,550円)。何層にも重なった生地はもちもちで、中にスモークサーモンも入っています。
全てのメニューにドリンクとパンのビュッフェが付いていて、3歳以下の子どもはママとシェアして食べられます(3歳以上の子どもでビュッフェのみの場合は300円)。
ドリンクビュッフェには、ルイボスティーやとうもろこし茶など、ノンカフェインのドリンクも多数用意されているので、ママや妊婦さんは嬉しいですね。
昼間は混雑することが多いので、予約していくのがおすすめです。

親子おそろいコーデも叶う「プチバトー」

続いて向かったのは、旧山手通り沿いのヒルサイドテラスB棟にある、フランス生まれの洋服ブランド「プチバトー」。
「cha-noma代官山」からは大きな歩道橋がありますが、ベビーカーで行く場合は、旧山手通りを駒沢通り方面に進み、鎗ヶ崎交差点の横断歩道を渡るとスムーズです。

広々とした店内には、ベビー&キッズのコレクションはもちろん、レディースやメンズも豊富に揃っています。
こちらのブランドは、もともと子どもの肌着メーカーとして誕生しただけあって、着心地の良さをとことん追求しています。
世代を問わずに親しめるシンプルなデザインが多いので、パパやママもベビー、キッズとおそろいの洋服を着こなして楽しめそうです。

焼きたてパンと自家製デリが人気「ヒルサイドパントリー」

「プチバトーブティック」から旧山手通りを渡った先のヒルサイドテラスG棟には「ヒルサイドパントリー」があります。
建物に入ると地下1階へ向かう階段が見えますが、エントランスの右手奥にエレベーターがあるので、ベビーカーでも大丈夫。
「ヒルサイドパントリー」は、天然酵母の焼きたてパンや自家製デリが人気の輸入食材のお店です。

海外の珍しい食品や調味料、おしゃれな雑貨のほか、鎌倉産の新鮮な野菜や小淵沢産のオーガニック野菜など、体にやさしいヘルシーフードがそろっています。
店内には自家焙煎のコーヒースタンドやイートインスペースもあるので、ゆっくり過ごすことができますよ。

見晴らしのいい展望台がある「西郷山公園」

旧山手通りを国道246方面へまっすぐ進むと、広大な芝生広場の緑豊かな西郷山公園があります。ここで子どもと一緒にのびのびと過しましょう。
高台に位置しているので、展望台からの眺めは抜群。よく晴れた日には、遠くに富士山を望むこともできますよ。

緑豊かな公園の中にあるカフェ「グリーンカフェ西郷山」

西郷山公園の入り口には、「Green Cafe saigohyama(グリーンカフェ サイゴウヤマ)」があります。
お店で毎朝焼いている分厚い「チャンククッキー」(350円)は、子どもたちにも大人気。大きな瓶から好きな絵柄を選ぶことができますよ。

ガラス張りの大きな窓から光が差し込む店内。緑いっぱいの公園を望む広いテラス席も用意されています。
テイクアウトできるメニューも多いので、こちらで購入して公園でゆったり過ごすのもおすすめです。

旧山手通りを巡るおさんぽルートはいかがでしたか?
旧山手通り沿いは、代官山T-SITEや各国の大使館など、特徴的な建物が多く、のんびり歩くだけでも楽しめる街並みです。
ぜひ親子で遊びに行ってみてくださいね。

ことりっぷの最新記事