アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子でドーナツを手に、日々の子どもたちの学校の様子を見てもらおうというもの。

そんなドーナツ・デーを迎えたある日の出来事。シングルマザーのYevetteさんの行動に全米から大きな祝福が寄せられた内容をご紹介。

父親のための授業参観日に
シングルマザーの大胆行動

この日、いつものように息子Elijahくんを学校まで車で送ったシングルマザーのYevetteさんは、普段よりも駐車場に車が多いことを不思議に思いました。

今日、学校で何か行事があるの?

モジモジしながらはっきりしないElijahくん。やがて、

今日はドーナツ・デーなんだ

彼のほかに2人の息子を一人で育てるがんばり屋のYevetteさん。仕事に育児に、ママの苦労を誰よりも理解しているのが長男でもあるElijahくん。「いつまでもママに頼ってはいられない」もしかしたら、どこかにこんな思いを抱いていたのかもしれません。

息子が言いづらそうにしていた理由にハッとなったYevetteさんは、何かを思いついたようにきびすを返して自宅へと車を走らせました。

「つけヒゲ」の即席パパ登場!

もしかしたら、とっさの思いつきだったのかもしれません。よくよく考えたら、こんな行動とてもじゃないけど…なんて躊躇していたとしても不思議じゃない。けれどYevetteさんからすれば、Elijahくんが喜んでくれることがすべて。

彼女は目深にかぶったキャップで長い髪の毛を隠し、ネルシャツにバギーパンツ、そして鼻の下に人気ゲームのキャラクターのような「つけヒゲ」を付けて、教室に現れたのです。

どこからどう見ても、誰が見ても「ママ」。でも、そんなことはお構いなし。この陽気な変装に、学校側も周りのお父さんも参加を大歓迎してくれたそうですよ。

「ママ、いい加減にしてよ!」なんて、Elijahくんの反発があったって何も驚けません。けれど彼のこの誇らしげな笑顔を見れば、そんな心配が杞憂に終わったことがよく分かりますよね。

ひとり親でも不幸な思いをさせない。

「こんな格好でクラスに入って行ったら、他の子や父親にどう思われるか、それは分かっていた。でも、これもまた私たち親子の人生。息子が笑顔になれるなら、なんだってやろうと思っているんです」。

父親役もしっかりこなすYevetteさん、最高!

Reference:TODAY
Licensed material used with permission by Yevette Vasquez