【衝撃】不倫のプロに聞く! 不倫や浮気をする男にありがちな行動7選

写真拡大

不倫といえば、ベッキーの不倫騒動に驚いた人は多いのではないでしょうか。2016年は不倫に関する芸能ニュースが非常に多く報じられました。不倫や浮気はパートナーを裏切り、大きく傷つけてしまう行為ですので、絶対にするべきではありません。

不倫や浮気をする人が増加中?



しかし、芸能界に限らず、こっそり不倫や浮気をする人は残念ながら増加傾向にあるのだといいます。携帯電話が普及していなかった時代や、携帯電話でインターネットができなかった時代などと比べると、現在は他の人といろいろな方法で連絡が取れるようになりました。環境的にも不倫や浮気をしやすくなっているのです。

どんな男が浮気をしている?





それでは一体どんな人が不倫や浮気をしているのでしょうか。不倫や浮気をしていて、隠そうとしている人にはいくつかの行動パターンがあるのだと、不倫研究家の早乙女さん(37歳・主婦)は言います。

早乙女さんは何度も相手に不倫をされた経験を持つという、いわば不倫のプロ。どんな行動をしている男性に不倫や浮気の疑いがあるのか、話を聞いてみました。

不倫や浮気をする男にありがちな行動



1. 携帯電話を手放さない



「不倫や浮気をしている人はほぼ確実に、どんなときも携帯電話を手放さなくなります。もともと携帯を常に持ち歩いている人も多いですが、急に手放さなくなったら確実に不倫・浮気をしていると見てもいいでしょう。私は過去に17人から不倫・浮気をされましたが、全員が共通して携帯を常に持ち歩いてましたから」

2. 突然スマホゲームにハマる

「今までスマホゲームに興味がなかったのに、急に四六時中ゲームをやるようになった場合も要注意です。プレイしているゲームの内容をチェックしてみてください。

それがオンラインでユーザーとの交流ができるゲームの場合は、かなりの確率で不倫・浮気をしています。ゲームでの交流から恋が芽生えることも、現在ではまったく不思議ではないのです」

3. SNSで善人アピールをする

「不倫や浮気をしている人は、FacebookやInstagramなどのSNSで必要以上に善人アピールをする傾向があります。少しでもマイナスイメージをなくしたり、まわりの人を味方につけたいと考えるようになるのでしょう。

家では子供の相手をせずに寝てばかりなのに、いつも子供の面倒を見ているかのように投稿しているパパはいませんか? かなり怪しいと思ってください」

4. 新しいクレジットカードを作る

「クレジットカードを作ると特典がもらえたから、などと理由をつけて突然クレジットカードを作る人もかなり不倫や浮気が疑わしいでしょう。クレジットカードを複数作ることで、こっそり使ってもバレないクレジットカードを作ろうとしているだけなのかもしれないのです」



5. 名前を間違える

「信じられないことですが、パートナーの名前を浮気相手の名前とうっかり間違えてしまうこともあります。なんだかよくわからない名前で呼ばれた時は『この人疲れているのね』とか一切考えず、真っ先に浮気を疑ってください」

6. 仕事がシフト制

「これは行動とは少し違いますが、仕事がシフト制の場合は気をつけたいですね。他の項目にもいくつか当てはまる場合は、特に注意するべきです。本当は休みなのにパートナーには仕事だと伝え、堂々と不倫・浮気をしている可能性があります。心配な場合は何らかの理由をつけて、職場に電話してみるといいでしょう」

7. 酒に弱いフリをする

「お酒が弱くてすぐに酔い潰れてしまうというパートナーの場合は疑ったほうが賢明です。果たして、パートナーは本当にお酒が苦手なのでしょうか。普段からお酒に弱いフリをしていて、『職場の飲み会で酔い潰れたから泊まって帰る』『寝てしまって終電を逃した』などとウソをつき、堂々と女性とお泊りをしていてもおかしくないのです」



ひとつでも当てはまる場合は要注意



「この7つの行動のうち、ひとつでも当てはまる要素がある場合は、不倫や浮気を疑って損はないでしょう。不倫や浮気を疑われるのは、間違いなくいい気分ではありません。しかし、不倫や浮気をされたときの悲しみに比べれば、そんなものは屁でもないのです。

男性は女性の『信じている』という優しさにつけ込んで不倫・浮気をしてしまうもの。不倫や浮気で悲しい思いをしたくなければ、常にパートナーを疑う姿勢が大切です」(早乙女さんのコメントここまで)

不倫や浮気はやめよう





もしパートナーの男性がこれらに該当する場合は、なんとか不倫や浮気を止められるように手を打ってみてください。逆に、男性の方はこれらを参考にして気をつけて不倫や浮気をするのではなく、パートナーを悲しませるようなことをしないようにしてもらいたいものですよね。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/