昇格組ライプツィヒに痛手、リオ五輪銀メダリストのDFクロステルマンが半年以上の離脱…

写真拡大

▽RBライプツィヒは13日、U-23ドイツ代表DFルーカス・クロステルマンが、右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったことを発表した。

▽クロステルマンは、13日に行われたトレーニング中に右ヒザを負傷。その後行なわれた精密検査の結果、右ヒザ前十字じん帯断裂と診断された。ライプツィヒは、正式な離脱期間に関して明かしていないものの、半年以上の離脱となる見込みだ。

▽左右のサイドバックを主戦場とするクロステルマンは、リオ五輪でU-23ドイツ代表の準優勝に貢献。この活躍が評価され、フル代表を率いるヨアヒム・レーブ監督が招集を検討しているとの報道も出ていただけに、ライプツィヒとドイツ代表にとって大きな痛手となった。