13日、韓国の済州島は中国人観光客に人気の観光地だが、トラブルも続発している。12日には現地の警察当局がレストランで起きたトラブルについて説明した。写真は韓国料理店。

写真拡大

2016年9月13日、韓国の済州島は中国人観光客に人気の観光地だが、トラブルも続発している。9日には同島の観光名所で文化財である龍頭岩が、中国人観光客によって削られ、持ち去られ物議を醸した。さらに12日には現地の警察当局がレストランで起きたトラブルについて説明した。環球時報が伝えた。

韓国メディアによると、9日夜10時過ぎ、レストランを利用していた中国人観光客8人は持参した酒を飲もうとして店主に止められトラブルに発展。注文した料理はすでに配膳された後だったため、立ち去る中国人に対し店主は料金を要求。ところが中国人らは酒瓶が入った袋で店主を殴り、店主は倒れた拍子に頭を打ち脳出血を起こしてしまった。

さらに、中国人らは仲裁に入った客に対しても暴行を加え、骨折などのけがを負わせた。現地警察は8人を立件し、逮捕状請求や出国禁止といった措置の準備を進めている。(翻訳・編集/内山)