12日、「仙剣の3美人」と呼ばれる女優のヤン・ミー、リウ・シーシー、リウ・イーフェイが顔をそろえた貴重なスリーショットが、「誰が一番美人?」とネット上で話題だ。

写真拡大

2016年9月12日、「仙剣の3美人」と呼ばれる女優のヤン・ミー(楊冪)、リウ・シーシー(劉詩詩)、リウ・イーフェイ(劉亦菲)が顔をそろえた貴重なスリーショットが、「誰が一番美人?」とネット上で話題だ。国際在線が伝えた。

【その他の写真】

今月9日、毎年恒例となったチャリティーパーティー「BAZAAR明星慈善夜」が北京で行われた。女性ファッション誌「Harpers Bazaar」が主催し、03年にスタートしたこのパーティーだが、「芸能界の半数がやって来る」と言われるほど人気スターがずらりと勢ぞろいし、毎年大きな話題を提供している。

今年はステージ上にヤン・ミー、リウ・シーシー、リウ・イーフェイの3人が並んで登場して注目された。時代劇に出演することがこの多い3人だが、いずれも人気ファンタジー時代劇「仙剣奇侠伝」シリーズで過去にヒロインを演じている。このため「仙剣の3美人」と呼ばれるが、その3人が顔をそろえた貴重なスリーショットが、ネット上で「誰が一番美人?」と話題になっている。

「BAZAAR明星慈善夜」主催側の発表によると、今年は全国からの寄付や、当日行われたチャリティーオークションなどを合わせて、収益金が6420万元(約9億8000万円)となった。13年からは「BAZAAR公益慈善基金会」を立ち上げ、主に貧困地区への救急車の配備を行っているが、すでに約1100台が届けられ、年間約30万人を生命の危機から救っている。(翻訳・編集/Mathilda)