【期間限定】雪見もちもちカフェで“ふわもち”「雪見だいふくスイーツ」をどうぞ!

写真拡大

ロッテの人気アイス「雪見だいふく」の“もちもち”の世界観がリアルに体験できる「雪見もちもちカフェ」が、9月24日(土)までの期間限定で東京・表参道のBA-TSU ART GALLERYと、大阪の阪急梅田駅改札内にオープンしました。

「雪見だいふく」を使用した、和洋様々なオリジナルスイーツが食べられる「雪見もちもちカフェ」が初めて登場したのは去年のこと。連日行列ができる大きな反響を受け、今年は2フロアに規模を拡大して開催。さらに今年は大阪にも初見参です。

[関連記事]お土産・ランチ・かき氷!銀座の老舗が手がける「モダン煎餅カフェ」

 

 ■新メニュー続々!「雪見だいふく」が豪華スイーツに変身!

 

メニューは去年から一新され、「雪見わらびもち」や「雪見なメロンパン」、「まんまる雪見うさぎ」、「雪見チーズドーム2016」、「チョコバナナ雪見クレープ」などの、「雪見だいふく」スイーツがラインナップ。さらに、今年は女優・土屋太鳳さんのプロデュース・スイーツ「太鳳のつやつや雪見」も初登場。大阪・阪急梅田店でしか食べられない限定メニュー「雪見だいふくモナカ」、十五夜にあたる9月15日(木)、1日限定提供の「お月見雪見」も発売されます。

3

価格は昨年同様、すべてのメニューがドリンクとセットでワンコイン(500円)。さすが、庶民の味方「雪見だいふく」です! この価格なら、2つ食べちゃうのもアリかもしれません。

4

「太鳳のつやつや雪見」はヨーグルトホイップの上にハニーナッツ、彩り鮮やかな寒天、ドライフルーツ、「雪見だいふく」を盛り付けたスイーツ。

ヨーグルトホイップの下には砕いたバナナチップを忍ばせ、「雪見だいふく」の“もちもち”感と、バナナチップの歯ごたえの両方を楽しめるところにも太鳳さんのこだわりが詰まっているとか。ナッツの香ばしさもいいアクセントになっています。

かぼちゃ白玉に小豆あん、雪見だいふくを盛りつけた、十五夜(9月15日)限定の「お月見雪見」もインパクト大。うさぎと化した雪見だいふくがまるでお月見しているかのようなルックスです。

2

5

カフェは、ザ・「雪見だいふく」ワールド! 表参道店では、「もちもちゲート」を通って店内へとアプローチするのですが、「雪見だいふく」を手にしたうさぎ(と思しき動物)がお出迎えしてくれます。

6

店内は、白とピンクを基調としたインテリアに、「雪見だいふく」の巨大版とおぼしきクッションが配されたふんわり空間。

2階スペースには、ごろんと寝ころべるベット型ソファがずらりと並んでいます。インテリアや装飾はふわふわもちもちとした感触の素材を採用、店員さんのユニフォームもふ〜んわり。“おうち感覚”のコンセプトどおり、リラックスできそうです。

7

「雪見だいふく」の世界観をそのままかたちにした、「雪見もちもちカフェ」でふわもち空間は癒し効果絶大。「雪見だいふく」ファンはもちろん、疲れがたまっている人にもおすすめかもしれません。

期間:2016年9月13日(火)〜9月24日(土)
東京・表参道店:東京都渋谷区神宮前5-11-5 BA-TSU ART GALLERY内
大阪・阪急梅田店:大阪府大阪市北区芝田1-1-2 阪急梅田駅2階中央改札内

LOTTE 雪見もちもちカフェ >>  http://www.lotte.co.jp/products/brand/yukimi/cafe/

 

[関連記事]
お土産・ランチ・かき氷!銀座の老舗が手がける「モダン煎餅カフェ」

美味しいお酒でスポーツ観戦!秋の夜長に行きたいスポーツバー6選

遠くのカフェより近所のコメダで冷たいコーヒー!

(文/長谷川あや)

はせがわあや/エディター・ライター

はせがわあや/エディター・ライター

出版社でスポーツ誌の編集に携わった後、フリーに。現在は、各種媒体に、食、旅、アート、エンタメなど、ライフスタイル系の記事を寄稿。雑誌・広報誌等の編集にも携わる。