何えらべばいい?漢方と上手につきあって「むくみ」とサヨナラする方法

写真拡大

漢方薬ってどんなイメージをお持ちですか?

「自然な薬のイメージ」「西洋薬に比べると効果が弱そう」「体に優しそう」……など様々だと思います。現在日本の医療では、西洋薬と漢方薬を患者さんの症状に合わせて使い分けています。

その中で、“むくみ”には漢方薬を処方するドクターが多いといわれています。一体なぜなのでしょうか。その理由を探ってみましょう。

■東洋医学の考え方 -気・血・水について ……むくみはどんな状態?

東洋医学では人間の生命活動に必要な要素を“気・血(けつ)・水(みず)”の3つに分けてとらえます。

“気”は体の各機能を動かすエネルギーのことです。

“血”は血液のこと。体に必要な栄養、酸素を送り、さらに老廃物を回収します。

“水”は血液以外の唾液や胃液、涙などの体液のことです。体温調節などの役割を果たします。

東洋医学ではこれら3つのバランスが崩れたり流れが悪くなると体調不良を引き起こすと考えられています。

この中でむくみは“水”と“血”の流れが悪くなり滞っている状態を示します。水毒とも呼ばれます。

血流が悪いと水分が細胞内に留まりむくみを生じます。水分が多すぎたり、水分代謝が低下していることも起因しています。

■漢方とは? ……西洋の薬との違い

東洋医学と西洋医学ではそもそもの治療に対する考え方が違います。東洋医学は人間が本来もっている自己治癒力を尊重しその能力を高める手助けをします。つまり病気を治すのは自分の体自身です。漢方薬は症状や原因に合わせて効果のある数種類の生薬を組み合わせているので1つの病気だけではなく様々な症状に対して効果があります。

効果を感じるまでに時間はかかりますが体の機能を高めるので体質改善などに向いています。

それに対し西洋医学はデータに基づいて診断しその症状を取り除くことに重きを置いています。西洋薬は単一の有効成分から作られており、細菌感染には抗生物質、発熱には解熱剤などのように1つの症状に1つの効果を発揮させることが多いです。

効果が強く、1刻1秒を争う場面では有効です。

東洋医学も西洋医学も人々の命を守る素晴らしい医学です。どちらが正しいというわけではなくそれぞれに一長一短があります。

■タイプ別むくみに効く漢方

それではむくみに効果のある漢方薬をご紹介しましょう。

(1)防已黄耆湯 (ぼういおうぎとう)

肥満に伴うむくみ、いわゆる水太りなどに使われます。防已黄耆湯はひざに溜まった水を排出することから関節痛にも効果があります。

(2)五苓散 (ごれいさん)

のどの渇きがあり尿量が少ない状態だけど体はむくんでいる、という場合に使われます。五苓散は実は二日酔いの薬としても有名です。体内に溜まったアルコールの分解物質を体の外へ排出する働きをします。「アルコールを飲むと次の日むくむ」という方にはさらにいいのではないでしょうか。飲み会前に服用すると効果的です。

(3)防風通聖散 (ぼうふうつうしょうさん)

防風通聖散はダイエット効果を期待して服用されている方もいらっしゃるかと思います。

体の水分循環を改善し便通をつける作用があります。要は体の不要な水分、便を排出するのでダイエット効果があると期待されているのです。

(4)柴苓湯(さいれいとう)

吐き気、食欲不振、尿量減少などを伴うむくみに用いられます。水様性の下痢のときにも使われる漢方薬です。

■漢方はどこで買えば良い?

漢方薬は病院で処方してもらうことも、ドラッグストアで購入できるものもあります。自分で選ぶ際は薬剤師さんに相談しながら、むくみだけではなくその他にある自分にある体質を説明して(冷え性体質、疲れやすい、血圧が高いなど)一緒に選ぶことをおすすめします。

また、漢方薬は効果が緩やかとはいえ、副作用や飲み合わせの悪いお薬もあります。併用薬がある場合は必ず薬剤師さんに伝えましょう。

さらに、漢方薬は「味が苦手」という方も最近では錠剤タイプも多く販売されています。ドクターに処方してもらう際も、「錠剤があれば錠剤をお願いします」と依頼すれば錠剤を処方してくれるでしょう。

以上、漢方と上手につきあって“むくみ”とさよならする方法についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

むくみに限らず何か自分の体質を改善したい場合は、まずは漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。