禁断の恋を描いた大人の純愛ストーリーとして注目を集めているTBSドラマ『せいせいするほど、愛してる』。武井咲さん演じる栗原未亜と滝沢秀明さん演じる三好海里の恋を通じて、恋愛の掟について学んでいきたいと思います。

先日放送の第7話では、未亜の親友である、あかりと千明の久野を巡る争いから、「“三角関係”になった時の対処法」という記事をお届けしました。

そして、前回放送された第8話では、未亜がついに海里との別れを決意し、別の男性のプロポーズを受けることにしたのです。

そこで今回は、上手な「恋の終わらせ方」について紹介します。


(c)TBS

■まず一度は全てを「絶つ」

別れた後も普通に連絡を取り合ってしまうと、なかなか気持ちに整理がつけられません。いつまでもズルズルと引きずってしまう要因にもなるので、やはり一度きっちりと連絡は絶つようにするべきでしょう。

別れた彼氏と友達のようになるというケースもあるでしょうが、それも別れた後にしっかりと時間が経ってからにする方がいいです。まずはちゃんと連絡を絶って、気持ちに整理をつけましょう。会ったりするのも絶対にダメです。一度は全てを「絶つ」ことが、一番大事なことでしょう。

 

■つい「連絡」できないようにする

別れた直後などは、寂しくなって元彼に連絡をしたくなってしまうこともあるでしょう。でも、そこで連絡をしてしまうと、いつまでも引きずってしまうことになりますし、最悪の場合、“都合のいい女”のようになってしまうことだってあり得ます。

また、元彼とのLINEを見返してしまったり、つい元彼の電話番号が目に入ってしまってかけたくなってしまったりすることなんてことだってあるかもしれません。なので、不意に連絡をしてしまうなんてことができなくなるように、連絡先やメールやLINEなどはちゃんと一度削除してしまった方がいいでしょうね。


(c)TBS

■「あいまいな関係」にはしない

もう別れなければいけないと思ってはいても、それをしっかりと行動に移さないと、実際に別れることはできません。やはりちゃんと自分の口で、彼に直接「別れ」は告げるようにするべきでしょう。

付き合っているような、でももう別れているかのような、そういった曖昧な関係を続けてしまうと、ズルズルと時間ばかりが過ぎていってしまいます。「別れた方がいい」と決めたのであれば、勇気を出して行動してみると、気持ちにも整理がつけやすくもなりやすいですよ。

 

■「新しい恋」に動き出す

未亜も海里との別れを決意したのと同時に、宮沢との結婚も決意しました。それによって、気持ちに整理とけじめをつけ、海里との関係に後戻りしたりできないようにしたのでしょう。

「新しい恋」があることによって、別れた後でも前向きに進みやすくなります。寂しくなってしまったり落ち込んでしまったりして、元彼を引きずってしまうようなことにもなりにくいはずです。

いつまでも過去を引きずってしまうより、次の恋へと動き出してしまった方が、元彼のことだってキレイに忘れることができるでしょう。今が充実していれば、終わった恋も素敵な思い出のひとつになってくれますよ。

「恋の終わらせ方」はとても重要な問題です。ズルズルと引きずったり、つらい思い出にしてしまったりすることがないように、ちゃんと心の整理をつけることこそが、何よりも一番大事でしょう。

 

今夜22時から放送の『せいせいするほど、愛してる』第9では、未亜がついに海里と別れし、宮沢のプロポーズを受けることを決意します。未亜と海里は本当にこのまま終わってしまうのか?ぜひお見逃しなく!

【参考】

※ 「せいせいするほど、愛してる」-TBS

【関連記事】

※ 「三角関係」になった時の対処法【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】

※ 「恋の修羅場」に巻き込まれやすい女性の特徴【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】

※ 「禁断の恋」に落ちたときの対処法3つ【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】

※ 男が「嫉妬」しているときのサイン4つ【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】

※ 「失恋」から立ち直る方法4つ【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】