批判の嵐?吉高由里子主演『東京タラレバ娘』実写化にネットの反応は

写真拡大

東村アキコの人気漫画『東京タラレバ娘』(講談社)が女優の吉高由里子主演で2017年1月に日本テレビ系でドラマ化されることになりました。

「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった」という脚本家の倫子・33歳が、同世代の旧友2人と、もう若くないけどイケてないわけじゃないし諦める年でもない……と都会のアラサー女子ならではの葛藤を肴に飲んだくれる……というストーリー。

今回は、そんな気になる新作ドラマへのインターネット上のリアルな反応を、Twitterからチェックしてみようと思います。

■吉高由里子が2年ぶりに連ドラ主演! 『東京タラレバ娘』

人気漫画のドラマ化に加え、代表作とも言える朝の連続テレビ小説『花子とアン』(NHK総合)以来、吉高由里子が2年ぶりに連続ドラマに主演することでも話題の『東京タラレバ娘』。

どうやら、耳が痛い“あるあるネタ”と笑いの詰まった、30代女性としてはパンドラの箱を開けられたような作品になりそうです。

吉高由里子は公式アカウントで主演発表の数日前に、下記ツイートを投稿。恋愛絡みと思わせるような意味深な投稿に、「結婚発表か?」、「妊娠?」などネットは騒然。しかし、ドラマのこととわかると、「やられた」といったコメントが相次ぎ、炎上しました。

■アラサー女子はハマりそうなリアリティのある原作

作者の東村アキコの鋭い観察眼とユーモアセンスから生み出される“イタ気持ちいい”リアリティが人気の漫画『東京タラレバ娘』。

Twitter上にも、「分かる……」、「心がイタい!」という叫びが溢れ、下記投稿のように、女子会が“オヤジ化する”描写にも共感の声があがっています。

■イケメン主要キャラ・KEYのキャスティング予想は菅田将暉?

主演の倫子になにかと絡んでくる年下のクールな毒舌モデル・KEYのキャスティングは、「菅田将暉希望!」という意見も見受けられます。確かに、金髪のドSモデル姿を見てみたい演技派俳優ですね。

また、実際にKEYのモデルになったという噂もある、韓国の男性歌手グループ・SHINeeのキー(通称・キボミ)を希望するツイートも。写真と絵を並べるとルックスは完璧です。

■原作者本人もTwitterで宣伝! 吉高由里子の主演大歓迎

報道によると、原作者・東村アキコは主演の吉高由里子のファンとのことで、主演を喜ぶコメントも発表。そして、ドラマ化の告知と同時に原作の新刊も紹介しています。

■「主演は30代がよかった」の声も……吉高由里子は演技力でカバー?

喜びの声が上がる一方、ファンの間では吉高由里子が28歳ということもあり、「30歳と33歳では、体感年齢8歳くらいあるから30代の女優がよかった」と、これまた妙な実感のこもった意見も。

確かに、同じアラサーでも30歳という“壁”を越えているか超えていないか……の違いはありそうです。

しかし、吉高由里子の演技力をもってすれば、5歳くらいの年の差は軽く乗り越えてきそうですね。

いがかでしたか? 他の主要キャラのキャスティングも気になるところですが、これだけTwitterを沸かせている『東京タラレバ娘』。

ご興味のある方は、ぜひ原作も手に取ってみて、主要キャラのキャスティング予想をしてみてくださいね。

【画像】

※ TOKYO, JAPAN - OCTOBER 10: Actress Yuriko Yoshitaka attends NHK year end special program ‘K?haku Uta Gassen’ press conference on October 10, 2014 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)