写真提供:マイナビニュース

写真拡大

FCAジャパンは12日、クライスラーのアメリカンサルーン「300S」の限定モデル「300S アロイエディション」を発売した。おもにインテリアをグレードアップしている。

「300S」は、パワフルで大胆なアメリカンサルーンを象徴するモデル。今回発売される限定モデルでは、その存在感をより一層際立たせる特別な内外装としている。インテリアはブラックを基調とし、専用のキャメルカラーのステッチを採用。コンソールベゼルやセンターパネルにはピアノブラックとチタンカラーのアクセントを施した。また、センターパネルに設置されたアナログ時計は、ベースモデルでは背景がシンプルなホワイトとなっているが、同モデルではニッケルとシルバーの背景になっている。

一方、エクステリアにはグロスブラックフロントグリル、ダークブロンズウイングバッジ、デュアルマフラーカッターを装備したほか、20インチのダークブロンズアルミホイールを装着した。エンジンは286PSを発揮する3,604ccのV型6気筒DOHCで、8速ATと組み合わせる。価格は577万8,000円(税込)で、20台の限定販売。

(山津正明)