Doctors Me(ドクターズミー)- アボカドは動物にとって猛毒 人間だけがアボカドを食べられる理由

写真拡大

2016年9月10日(土)のTwitterに投稿されたツイートで、「アボカド」を人間以外の動物が食べると猛毒であり、最悪死に至る場合があることが語られていました。

通称森のバターとも呼ばれるほど特に若い女性の間で人気が高いアボカドですが、なぜ動物には毒であり、人間は食べられるのでしょうか。

今回は「なぜ人間だけがアボカドを食べられるのか?」医師に解説をしていただきました。

アボカドに含まれるペルシン


ぺルシンは、アボカドに含まれる毒素です。最近発見されたため、その詳細についてはまだ明らかでない部分が多いのですが、人間には無害でも多くの動物にとっては毒であることがわかっています。

動物がアボカドを食べると...

モルモット


けいれんや呼吸困難を起こすことがあります。

鳥類


呼吸困難を起こしたり、心筋を損傷してしまいます。

ウシなどの家畜類


アボカドの葉っぱや木の皮を摂ると、乳腺炎になります。

イヌやネコ


下痢や嘔吐などの症状を起こします。

なぜ人間だけがアボカドを食べられるのか?

ぺルシンは上述のように比較的最近分離された毒素であり、経験的に通常は人間には特に有害ではないことがわかっております。

人間の体内には何らかのぺルシンを無毒化する機能が備わっているものと考えられますが、はっきりしたことはまだわからない部分が多いです。

アボカドによるアレルギー症状


アボカドは人間にとってもアレルギーの原因となることがあることで知られており、アレルギーを起こすと以下のような症状が現れることがあります。

■唇や舌が腫れる

■のどのかゆみ

■嘔吐

■腹痛

■下痢

■皮膚のかゆみ

■蕁麻疹

■結膜炎

■呼吸困難

■ショック症状

ペルシンが乳がん治療に効果的?

ぺルシンは乳がんに対して細胞を破壊する作用があり、他にも既存の抗ガン薬である「タモキシフェン」の効果を増強するので、乳がん治療に役立つのではないかという研究結果が報告されています。

今後、乳がんの治療の決定打になるといいですね。

他にも動物が食べてはいけない食べ物


玉ねぎ


硫化アリルが犬や猫の赤血球を破壊し、貧血を起こしてしまいます。

チョコレート


チョコレートの原料のカカオに含まれるテオブロミンは中枢神経に対して毒性を持ちます。

キシリトール


犬は、ほんの少しでもキシリトールを摂取すると血糖値の低下や嘔吐、肝不全などを起こすことで知られます。

医師からのアドバイス

アボカドはこってりしたおいしい果実ですが、初めて食べる方は少量を食べてアレルギーの有無を確認することが重要です。

また、動物には絶対に与えないでください。

(監修:Doctors Me 医師)