9月も半ばを迎え、空もすっかり秋の雰囲気となってきました。この時期のお楽しみといえば「お月見」、中秋の名月や十三夜の日には夜空を見上げて月を愛でたいものですよね。無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では、そんなお月見をさらに楽しくしてくれる豆知識が紹介されています。

名月を楽しむ秋の夜

ついこの前まで暑くて暑くてたまらなかったのが、すっかり秋の気配に包まれています。空を見上げても澄んだ、秋の空の風情です。

夜空を見上げるとお月様。9月1日が新月でしたが、それから少しずつ大きくなってきているのはお気づきでしょうか。今年の「中秋の名月」は9月15日。これはみなさまもどこかでお聞きになっていることと思います。

中秋の名月は、太陰太陽暦(いわゆる旧暦)の8月15日の夜の月のことです。今年はそれが9月15日。新月(先ほど書きましたが9月1日)から数えて15日目の夜の月、ということです。

ところが「満月」は、面白いことに9月17日です。「満月」は、地球から見て、太陽と月が反対方向になった瞬間の月のことです。

決め方が違うのでこうしたズレが生じるのです。

また旧暦の9月13日の月は「十三夜」の月と呼ばれ、これもまた「お月見」の対象とされます。今日の9月13日は今の暦ですから、今夜の月のことではありません。来月、10月13日が「十三夜」です。

旧暦と今の暦の日付が混じってややこしいかもしれませんが、2016年に関しては

中秋の名月  9月15日十三夜   10月13日

となっています。

さて、みなさんは、中秋の名月、どこでどのように楽しみますか?

image by: Shutterstock

出典元:まぐまぐニュース!