13日、大規模な地震は生活に大きな影響を与えるだけでなく、中国ネットでは日本の地震が中国の製造業に大きなダメージを与えるとの論調が見られている。写真は中国の高速鉄道。

写真拡大

2016年9月13日、日本ではたびたび大規模な地震が発生しており、韓国でも12日に観測史上最大規模の地震が発生するなど地震の恐怖が身近に迫っている。大規模な地震は生活に大きな影響を与えるだけでなく、中国ネットでは日本の地震が中国の製造業に大きなダメージを与えるとの論調が見られている。

中国ネットは、「日本は機械や機器分野において市場を独占する技術を持っている。ロボットの関節部分に使われる減速機は日本企業が大きな市場を獲得しており、仮に地震により日本企業が運営できなくなったら、中国の産業用ロボットは大きな影響を受ける」と予測した。

さらに、近年発展を遂げている中国の高速鉄道に関しては、「ベアリングは輸入品を使っており、日本やドイツなどの企業が市場を独占している。日本のベアリングがなければ中国の高速鉄道は高速で走れなくなる」と主張した。

こうした現状を打破するためにも、中国は「人より優れた技術を持ち、他が持っていない技術を持つべく特定の分野で世界トップになれる企業を多数育てるべきだろう」とネットでは指摘している。(翻訳・編集/内山)