想像するのも怖いくらい強くなる!? 吉田沙保里選手が語った「結婚」と「子ども」

写真拡大

リオオリンピックで銀メダルを獲得した、女子レスリングの吉田沙保里選手。銀メダル獲得したものの「霊長類最強女子」とも言われる吉田選手としては、決勝戦で敗れた後は号泣する姿が見られました。

箱根駅伝に挑戦したアスリートの「第二の人生」について聞いてみた

銀メダルでも素晴らしいことなのに、「ごめんなさい」と泣き崩れる姿は、今大会の印象的なシーンだったのではないでしょうか。

吉田選手が負けるはずがない――。多くの日本人や、レスリング関係者はそう思っていました。今回の敗戦は吉田選手にも、レスリング界にとっても大きな出来事。目の前に敗戦がつきけられ、銀メダル獲得であっても、本人は決して納得はしていませんでした。

最強選手だから故に、敗戦のインパクトは大きくなる。吉田選手には過去にも同じような出来事がありました。

2008年1月にワールドカップ国別対抗戦が開催されました。それまでの吉田選手の戦績は、2001年に山本聖子さんに敗れてから誰にも負けずに公式戦119連勝中。また、国際大会でも27大会連続優勝中でした。

外国人選手に一度も負けたことがありません。そして、その時の国別対抗戦での相手は、ほぼ無名のマルシー・バンデュセン選手。高校時代に対戦した時は圧勝した相手です。

その時も今回と同じように「負けるはずはない」といった空気がありました。しかし、吉田選手はバンデュセン選手に負けてしまったのです。その時のインパクトは、今回のリオオリンピックと同様のものがありました。

それは、2219日ぶりの敗戦でした。

負けるはずのなかった吉田選手が負けた。吉田選手の負けだけでなく、日本チームも結局優勝を逃してしまいました。霊長類最強女子が負けた影響は少なくありませんでした。

自著『迷わない力』によると、その時は「頭が真っ白になった」とのこと。試合後は泣きじゃくってお父さんに電話をしたということを明かしています。

父である故・栄勝さんは、レスリングの元全日本チャンピオンでした。吉田選手にとって栄勝さんはかけがえないのない存在。そんな父は、「その悔しさを持って家にかえってこい」と娘に伝え、自宅に併設されたレスリング道場で、レスリングの素晴らしさを再認識させました。

また、お母さんも抜け殻になった娘に「これまであなたに負けた人たちも、同じようにくやしい思いをしてきたのよ」と、吉田選手が見失っていた大切なことを思い出させる言葉をかけました。

そこから自分を見つめ直した吉田選手は、次第に前向きな気持ちに。敗戦から6日後に練習に復帰したのです。

そして、今回です。リオでは肩を落とした吉田選手の姿しか見られませんでしたが、本人の口からは「引退」の二文字は出ず。むしろ、吉田選手の周囲からは「東京で金メダルが見たい」「笑顔で終わってほしい」といった励ましの声があったそうで、今回もまた、少しずつ「頑張りたい」と前向きに考えるようになったそうです。

そして、先日、「現役続行」を公表。次回開催地が東京ということもあって、「こんな機会はないので出られるものなら出たい」と明かしました。また、私たちは吉田選手の姿をリンピックで見られる可能性があるのです。今からとても楽しみです。

いまから4年後というと、まだ少し先になりますが、同書では吉田選手の結婚観や子ども観も語られています。

結婚したら弱くなるなんてことは、私にかぎっては絶対ないので安心してください。逆に、愛するこの人のために何が何でも負けられないという気になるはずだから、必ずいま以上に強くなる。

断言できます。2020年の東京オリンピックのときは、結婚してママになっているかもしれません。そうしたら戦う姿をダンナさんだけじゃなく、子どもにも見せなければならないでしょ。そのときはきっと、自分で想像するのも怖いくらい強くなっていますよ。

出典(書籍『迷わない力』)


この4年間の間に、どのように吉田選手が変わるかはわかりませんが、リオの時よりもさらに強くなった吉田選手の姿を、東京の地で見ることができるかもしれませんね。