送料、返品無料。電子マネーで決済。サンフランシスコはファッションもIT

写真拡大

もはやファッションは、オンラインで手に入れるのが当たり前。

そう言い切れるほど、サンフランシスコでは何もかもがオンラインな生活です。

そして、ITの街サンフランシスコではいま、ユニークなファッションサービスが続々と登場しています。

コーディネートはプロのスタイリストに任せる

サンフランシスコ発のパーソナルスタイリングサイト「Stitch Fix」。

まずは、仕事関係のパーティや初めてのデートといった目的、カラー、値段など、自分が求めるコーディネートの情報を入力。

すると、プロのスタイリストが洋服からアクセサリー、靴まで、全身をコーディネートして発送してくれるというサービス。もちろん気に入らなければ返品も可能。

東京に比べると、カジュアルなスタイルがほとんどのサンフランシスコの女性たち。

でもパーティやイベントは多いから、ドレスアップもしたい。そんな需要にこたえて生まれたサービスです。

ハイセンスなアイテムを電子マネーで購入

一方でファッション好きが集まるのが「Material Wrld」。

自分の服やアクセサリーなどを売り、売った分の収益を電子マネーに変えられる仕組み。つまり、いらなくなったものをこれから使いたいものに交換できるのです。

替えた電子マネーは「Material Wrld」のみでしか使えませんが、ファッション関係者が多く出品しているので、ハイブランドのアイテムを割安で手に入れることができます。まさにファッションの宝の山!

やっぱりまずは試着してみたい

オンラインショッピングの悩みといえば、サイズ。家に届いたものを着てみて、イメージと違った! となるのは絶対に避けたい失敗です。

そこで生まれたのが、試着してから買うかどうかを決められるサービス「Try」。

もちろん送料は無料で、返品すら無料。アイテムも買うかどうかを決めるまでは支払いも発生しないという、まさに画期的なサービスです(現在はテスト段階で、招待コードが必要)。

ZARAやNIKE、ラルフローレン、バーニーズニューヨーク、ニーマンマーカスなど、そうそうたるブランド、デパートが参加しています。

オンラインは欠かせない街・サンフランシスコ

サンフランシスコは毎日新しいオンラインサービスが生まれる街。

新しい、おもしろい、画期的なオンラインサービスがファッション業界を盛り立てています。

こちらも読まれています

・秋準備。気づいたら黒のショートブーツばっかり選んでた

・品とトレンド。オリヴィア・パレルモがバナリパのアンバサダーに

・今さらじゃなくて、今から。血色感チークが大人のデビューに自信をくれた #sponsored

[Stitch Fix, Material Wrld, Try]

写真/Shutterstock 文/フレシュラスともみ